【映画】『武器人間』感想:悪趣味にも程がありすぎる!!

2013年作品 84分 R15+

原題:Frankenstein’s Army

ジャンル:アクション/ホラー

製作国:オランダ/アメリカ

監督:リチャード・ラーフォースト

出演

カレル・ローデン

ジョシュア・ザッセ

ルーク・ニューベリー

ロバート・グウィリム

 

 

あらすじ

 フランケンシュタイン博士の研究を引き継ぐナチスのマッドサイエンティストが、死体に様々な機械を合体させた不死身の兵士を大量生産してロシア軍を相手に大暴れするさまをPOVスタイルで描き出したアクション・ホラー。主演は「ヘルボーイ」のカレル・ローデン。監督はオランダを代表するCMディレクターの一人で、本作が長編デビューとなる期待の新鋭、リチャード・ラーフォースト。
 1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。スターリンの命を受けたロシア軍の偵察部隊がカメラを携えた記録係を伴い、ドイツの占領地域へと向かう。やがて一行は、謎の大虐殺が行われた現場に遭遇、さらにその建物の地下で不気味な研究施設を発見する。なんとそこは、禁断の実験に取り憑かれたナチスのヴィクター・フランケンシュタイン博士が死体と機械の合体に心血を注ぐ狂気の“武器人間”製造工場だった。

<allcinema>

 

 

ナチが極秘に作ってた隠し玉はこれだ!!!

どうも、クラウンです(・∀・)

『ムカデ人間』ならぬ『武器人間』ですか…。

これってもしかして今年公開していた『オーヴァーロード』的なあれなのか?

いや、『オーヴァーロード』が『武器人間』的なあれなのか。

戦時中のナチの隠し玉、今回は体中に武器を装備したアンデッドでした😂😂

いやいや、意味わからんわ!!!

どうやったらこんなストーリーを思いつくんや!!

 

観る前から多分悪趣味な映画なんだろうなぁとは思っていました。

だってこのタイトルでこのあらすじですよ?

とち狂ってるとしか思えない🤔🤔

でもね、これ実はなかなかやべー映画でしたよ。

グロいのダメな人、ここで回れ右してくれても構いません。

グロいの大丈夫な人、騙されたと思って観てみませんか?🙋‍♂️🙋‍♂️

確かにナチが極秘に進めてたやべー開発の映画ではあるんですが、

ちゃんと怖い!しっかり怖い!!(←これ大事)

POV形式が大当たりしている映画ですね!

逃げ場の少ない細い道で次々に現れるやべー武器人間が、

めちゃくちゃ怖い😰😰

めちゃくちゃ怖くてチビってしまいそうなんですけど、

あまりの勢いで突っ走るさまが、めちゃくちゃ楽しい😆😆

なんだこれ、なんでこんな楽しんでるのか自分でも分からん😂

中途半端にグロシーンがあるので、そういうの苦手な人には本当にあまりオススメは出来ないのですが、

悪趣味全開で楽しい映画でした!

 

あ、でも吹替えに謎にドラえもんのキャストを使ってるので、

大事な場面でのび太くんが…スネ夫が…チラつく…。

ダメだろこれは!!!

ある意味悪名高い芸人吹き替えにちょっと近いものがあるんじゃないか😂

最後まで吹き替えで観ましたけど、

のび太くんがチラついてノイズな方は字幕で観るのも手かも知れません😂

 

オススメ度★★★☆

Author: クラウン

コメントを残す