【映画】『デス・ウィッシュ』感想:やっぱりたまにはこれぐらい暴れてくれないとね

2018年作品 107分 R15+

原題:Death Wish

ジャンル:アクション/サスペンス

製作国:アメリカ

監督:イーライ・ロス (グリーン・インフェルノ、ノック・ノック)

出演

ブルース・ウィリス (バッド・ウェイヴ、ミスター・ガラス)

ヴィンセント・ドノフリオ (デアデビル、マグニフィセント・セブン)

エリザベス・シュー (ザ・ボーイズ)

ディーン・ノリス (シークレット・アイズ)

 

あらすじ

 チャールズ・ブロンソン主演の74年製作アクション「狼よさらば」を「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロス監督、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス主演でリメイクしたリベンジ・アクション。家族を理不尽に奪われた男が、自らの手で壮絶な復讐に乗り出すさまを描く。共演はヴィンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー。シカゴで外科医をしているポール・カージー。ある日、彼の留守中に何者かが自宅に侵入、妻は殺され、娘は瀕死の重傷を負って昏睡状態に。悲嘆に暮れるカージーだったが、警察の捜査は一向に進まず、憎き犯人は野放しのまま。ついにカージーの怒りが爆発、自ら拳銃を手にすると、犯人への復讐を誓い、夜の街へと繰り出す。やがて正体を隠した彼の自警活動がネットで拡散し、街の救世主として評判を呼んでいくのだったが…。

<allcinema>

 

 

ブルース・ウィリスが久しぶりに主演でアクション映画に帰ってきた!!

どうも、クラウンです(・∀・)

ここのところ低予算作品にパッケージにはデカデカと、内容的にはしょんぼりと。

ブライアン・A・ミラー、スティーブン・C・ミラー監督作品によく出てるなぁと。

しかし、主演でアクション映画となるとかなり久しぶりな気がしますね。

『RED2』とか『ルーパー』以来の主演アクション映画かもしれません。

主演映画としてはジェイソン・モモアと共演した『バッド・ウェイヴ』なんかもありましたが、

あれはゆるゆるコメディ映画でしたしね😂😂

初っ端からからマッパのブルースが観れるいい映画でしたねぇ😂

そんなブルース・ウィリス久しぶりのアクション映画の主演となりましたが、

本作の監督は新世代ホラー映画の雄、イーライ・ロス。

最近では食人族の『グリーン・インフェルノ』を監督していましたが、怖いから観てないんですよね~笑

そんなホラー映画監督が撮った本作は、

ホラー監督らしいアプローチが盛り込まれたアクション映画に仕上がっていましたね🙆‍♂️

ベースはアクション映画ではありますが、ところどころホラー映画に使われるビックリ描写に驚かされます。

内容的にはココ最近のトレンドでもある舐めてたおっさんが実はに近い作品となっておりました。

最初は銃一つ持っていなかったブルースが復讐の鬼となる様が面白いですね😆😆

流石に歳も歳なので少し体が重たそうですが、こうやってアクション映画へカムバックしてくれるのは嬉しいですよね(・∀・)

さすがに主演かな?と思わせるパッケージからの、実際は5分ぐらいしか出てませーんっていうパッケージ詐欺の映画ばっかりだと悲しいですから😂

今年公開の『ミスター・ガラス』も大ヒットしていたことですし、

そろそろアクション俳優として本格的にカムバックしてくれてもいいんじゃないですか??

『エクスペンダブルズ』で共演していたメンバーはまだまだ頑張ってますよ??

 

とはいえ、本当に久しぶりにしっかり頑張っているブルース・ウィリスが観られる作品なので、

ぜひとも鑑賞ください😆

 

オススメ度★★★☆

 

 

 

Author: クラウン

コメントを残す