【映画】『1917 命をかけた伝令』を観た!!ワンカットなんて嘘やん…

どうも、クラウンです(・∀・)

宣伝文句ももうちょっと考えなあかんで…。

今年度のアカデミー賞で作品賞最有力ながら惜しくも『パラサイト 半地下の家族』に敗れた『1917 命をかけた伝令』を観ました!

『スカイフォール』『スペクター』の007シリーズを撮ったサム・メンデス監督の新たな境地は、

そんなんどうやって撮ってんねん!!というスーパーシームレスワンカット戦争映画です。

いや〜こういう撮影技法はアカデミー会員好きそうやなぁ😂😂

これがまあ凄いんです。

全編ワンカットを唄うだけのことは確かにある。

観ててここでカットかかってるんやろなというシーンは割とわかりやすくはなっているのですが、

それでも普通に見てたらワンカットにしか見えません。

前のシーンとあとのシーンの繋ぎが精密すぎて本当にワンカットに見えてきますよ!!

ただこの映画、明確に中盤にカットがあって場面まで変わってしまってるので、

全編ワンカットは流石に嘘やんけ〜という思いでいっぱいです😂😂

擬似ワンカットは分かりきってたとしても、まさか明確なカットがかかるとは思ってませんでしたから、

ちょっとフフってなってしまいました(笑)

 

ワンカット映像ってのは、時間制限のある映画にはつくづく相性が悪いなぁと思いましてね。

映画2時間、でも映画内の出来事はどう考えても2時間では済まへんやろって事が平然と起こってしまうので、

ワンカットも善し悪しですなぁ🤔🤔

ただこれ、目も離せないワンカットなので緊迫感がとてつもなくて、

しかも戦争映画なのでどこで何が起きるかまるで分からん。

そういう所は本当によくできていたなぁと思います。

IMAXの広画角で観たらさらにド迫力だったこと間違いなしです。

美しいと迄思えるシーンもありましたしね。

戦争という過酷な境地の中でも、これぞ映画だなぁというシーンもおおかったです。

正直『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を取りましたが、

こっちでも全然いけましたね。やっぱり前評判の高さは本物だった!!と思いました。

撮影賞受賞なんて、そらそうだ!!!としか思いませんものね😂😂

そりゃ今年はこの映画以上の撮影賞は絶対ねえよって感じです😂

新しい境地の戦争映画でした!

満足度★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる