【映画】『悪魔のいけにえ』感想:これがジェイソンと間違われるレザーフェイスか〜〜

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!!

大人気ホラー映画『悪魔のいけにえ』です💁‍♂️💁‍♂️

『ハロウィン』や『13日の金曜日』などと並んで、めちゃくちゃ続編が作られまくってる作品ですね。

米はこういうホラーが本当に好きなのね🤔🤔

目次

作品情報

【1974年作品】

【原題】The Texas Chain Saw Massacre

【上映時間】83分

【ジャンル】ホラー

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

トビー・フーパー(『スペース・インベーダー』)

【出演】

マリリン・バーンズ

アレン・ダンジガー

ポール・A・マーテイン

作品解説・あらすじ

殺人鬼レザーフェイスの恐怖を描いたホラー映画の金字塔。監督は、これが商業映画初作品だったトビー・フーパー。アメリカのウィスコンシン州で実際に起こった残忍な殺人事件をもとに、旅行中の若者たちがテキサスの片田舎で殺人鬼に襲われる様を描いた。サリー、ジュリー、フランクリン、カーク、パムの5人組は、夏休みを利用してドライブ旅行に出かけ、その途中でヒッチハイクをしていた男を車に乗せる。しかし、男はナイフで自らを傷つけるといった行動を繰り返し、異常を感じた5人は男を車から追い出す。やがて一軒の洋館を見つけた5人は、その家に立ち寄るが……。1974年に製作され、日本では75年に初公開。2015年、日本公開から40年を記念した「40周年記念版」がブルーレイ発売&劇場公開。同バージョンは4Kスキャニングによる最新マスターを使用し、字幕や吹き替えも新規収録。

映画.com

『悪魔のいけにえ』の感想

あんなスピードで追いかけてくると思わんやろ普通!!

巨漢にマチェットなジェイソンとか、巨漢に包丁なマイケル・マイヤーズとか、

この手のホラー映画はとにかく巨漢が襲ってきますよねぇ〜

圧倒的パワーに凶器ですからね。

いやはや、恐ろしいものです🤔🤔

でも私のイメージでは、彼らは動きは俊敏じゃないんですよね。

イメージですが、割と歩いて追いかけてくる🚶‍♂️🚶‍♂️

歩いて追いかけてくる割にはすぐ追いついてくるのが怖いポイントでもあるのですが、

本作のレザーフェイスは全く異なります。

何せ全力疾走!!!😳😳😳

人間から剥いだ皮マスクを被り、チェーンソー片手に全力疾走で追いかけてくる巨漢。

いや怖😨😨😨😨

しかも、知的障害で大人の体に8歳児程度の知能しかないため、

割と奇声を上げながら追いかけてきます。

いや怖😨😨😨😨

レザーフェイス初登場シーンのあまりの突然のビックリさと、あまりのスピード感で捕まって殺されるまでがあっという間すぎて、

思ってた映画じゃない!!!!(褒めてる)ってなりましたねぇ😂😂

この時代のホラー映画ということかなり低予算映画ですので、映像面に期待して観る映画ではないのですが、

予算だからこその嫌〜な気持ち悪さと言いますかね。

レザーフェイス家の登場人物全員狂ってる嫌〜な感じが絶妙な作品です🙋‍♂️

まじで気持ち悪い!!!

思ってたよりも直接的なスプラッタ描写が薄めですので、

スプラッタ系ホラー映画が苦手な方でも観れると思います🙋‍♂️

あとはレザーフェイスは霊的な何かとか、超人的な何かではなくあくまで人間ですので、

そういったジャンル系のホラーが苦手な方にも観やすい作品です💁‍♂️💁‍♂️

10本近くシリーズ作品が作られているあたり、やはり人気な作品なんだなと思いますね〜🙆‍♂️🙆‍♂️

オススメ度★★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる