【映画】『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』感想:リアルタイムでワクワクしながら観たかった…

1999年作品 81分

原題:The Blair Witch Project

ジャンル:ホラー

製作国:アメリカ

監督:ダニエル・マイリック、エドゥアルド・サンチェス

出演

ヘザー・ドナヒュー

マイケル・C・ウィリアムズ

ジョシュア・レナード

 

 

作品解説

 超のつく低予算で製作されながらも世界中でメガヒットとなったホラー。1994年10月、モンゴメリー大学映画学科に所属する3人の大学生がドキュメンタリー映画製作のためにメリーランド州ブラック・ヒルズの森に分け入った。その土地に今なお残る伝説の魔女“ブレア・ウィッチ”をテーマにしていたのだ。だがヘザー、ジョシュ、マイクの3人はそのまま消息を絶った……。手掛かりが発見されないままやがて捜索は打ち切られる。しかし事件から1年後、彼らが撮影したものと思われるフィルムとビデオが森の中で発見されたのだ……。

<allcinema>

 

 

目次

作品の感想

どうも、クラウンです(・∀・)

製作費がたったの6万ドルにもかかわらず、全世界興収で2億5000万ドルを叩き出した伝説の映画、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を観ました!!

イマドキなんぼ低予算で映画を作っても6万ドルじゃなかなか完成しない。

そんな映画で2億5000万も稼ぐなんて夢のまた夢。

そんな夢のようなことを成し遂げてしまったのが本作!

当時は凄かったらしい。

今でこそ、この映画がどういう映画で、なぜ売れたのかってだいたいわかってたりはするんですが、

当時は本気で世界を騙しにかかっていた!

というのも、本作で描かれる失踪事件が、いかにも本当に起こったことのような宣伝を全世界を巻き込んでしていたわけなんですね。

失踪した人達の遺品のビデオを編集したのがこの映画なんです!!って体の映画がこれですわ。

イマドキ珍しくなくなったPOV形式の特大ヒット作といえばまずはこの映画の名前を上げたくなるぐらいの売れ方ですよね。

99年の公開当時はこの映画のPRの為に特番が組まれていたそうですし、

本当の失踪事件だって騙されてた人も数多くいたそうで。

 

そういう奇を衒ったPRを打って特大ヒットを記録したのは言いものの、

じゃあ映画として面白いの??ってところに関しては、

いやこれ別に…さほど面白くもなんともねぇな…というのが正直な感想です。

多分99年の公開当時に観ていたら、感じ方はきっと違っていたのかなと思うのですが、

あくまでフェイクドキュメンタリーであることがわかってしまってる今これを観たとて、

ふーん…で終わってしまうぐらい映画としての出来は残念です。

なんだって製作費6万ドルですもの。

映画本編にお金をかけた映画じゃないのよ。

なのでこの映画がオススメできるかって話になると、オススメするのは難しいなぁと思うのですが、

この映画に関連して当時の宣伝について色々と調べると、すげえ事やってすげえ売れ方したんだなぁと思って、

それも込みでちょっと楽しいなと思えるぐらいでした😂

今現代でこういう企画をやるのはなかなか難しそうだなぁと思う作品でした。

決して本編には期待なさらぬように🙆‍♂️

オススメ度★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる