【映画】Netflix『なりすましアサシン』感想:ジェフ・ワドロウどこ行ったと思ってたで!

 

2016年作品 96分

原題:True Memories of an International Assassin

ジャンル:アクション

製作国:アメリカ

監督:ジェフ・ワドロウ『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』

出演

ケヴィン・ジェームズ『ピクセル』

アンディ・ガルシア『オーシャンズ11』

ズライ・エナオ

モーリス・コンプト

あらすじ・作品解説

伝説の暗殺者と間違われて南米の政治紛争に巻き込まれた冴えない作家の戦いを、「ピクセル」のケビン・ジェームズ主演で描いたアクションコメディ。サラリーマンとして働きながら執筆活動に励むサムは、伝説の暗殺者「ゴースト」を主人公にした小説を完成させるが、強引な女性編集者によってゴースト本人が執筆したノンフィクションとして電子出版されてしまう。小説はヒットしたものの、サムは本物のゴーストと間違われてベネズエラのゲリラ組織に拉致され、指導者エル・トロから大統領暗殺を命じられる。いつしかサムは、ベネズエラ政府やロシアンマフィア、さらにCIAまでもが絡む巨大な陰謀に巻き込まれていく。「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のジェフ・ワドロウが監督を務めた。

<映画.com>

目次

作品の解説

どうも、クラウンです(・∀・)

Netflixオリジナル作品『なりすましアサシン』を観ましたよ!

マシュー・ヴォーン監督が手掛けた『キック・アス』の続編という大役をを引き受けてくれたジェフ・ワドロウ監督。

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』では最高に最高を被せるような最高なジャスティスな映画を撮ってくれた監督だったのですが…

その後割と消息不明気味でした🤔🤔

今でこそティム・ミラー監督やデヴィッド・リーチ監督のもとで大成功を納めた『デッドプール』の制作初期に企画を持ち込んだりしていたらしいですね。

ティム・ミラー監督の『デッドプール』も見事でしたが、ジェフ・ワドロウ版のデッドプールも観てみたかったァ〜😂😂

そんなジェフ・ワドロウ監督ですが、なんとNetflixオリジナル作品をいつの間にやら撮っておりました(笑)

フィクション小説作家が本物の暗殺者と間違えられててんやわんや!?

冒頭からジェフ・ワドロウ節炸裂というコメディタッチなアクションは炸裂!

この監督の、緩いけれどもなぜか血は撒き散らすようなアクションは『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』でも相性抜群でしたからね〜(^O^)!

今作でも緩いコメディ映画なので相性十分です!

劇場公開していても、そこまで大ヒットになりそうな感じではない(失礼)ので、

Netflix配信映画と聞くとちょっと納得します🤔

決してNetflix映画のクオリティが低いわけではないんですよ!

でも、Netflixだからこそできる映画も増えてきていますよね🙆‍♂️

ちなみにアンディ・ガルシアも出演してます。

アンディ・ガルシア、最近こういう映画に脇役で出ること増えましたね〜(・∀・)

昔はもっと大御所感ありましたが、最近はあまり作品を選ばないようになった?

でもアンディ・ガルシアが出てるってだけでも十分作品に締まりが生まれます。

『キック・アス』以降、この監督の作品を全然観てないなーと思ったあなた!

その答えはNetflixにありますよ〜(^O^)!

オススメ度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる