【映画】『ネイキッド・フィアー』感想:ろくなオチも用意されてない退屈なだけの何か

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!!

禁断の雪山エロティック・サスペンススリラー『ネイキッド・フィアー』です💁‍♂️💁‍♂️

最近キワモノ映画鑑賞欲の発作を発症してしまったので本当に良くない😂😂

こんな見るからに怪しい映画に時間費やすの、本当にもったいないと自分でもわかってはいるんですよ…😂

目次

作品情報

【2017年作品】

【原題】Snowbound

【上映時間】83分

【ジャンル】ミステリー

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

オリア・オパリーナ

【出演】

アーニャ・ベイ

ドリュー・ホール

テオドール・ブルックス

ローラ・アルマン

あらすじ

極寒の雪山に放置された男女が残酷なゲームに挑むエロティック・サスペンススリラー。雪山で目覚めた5人の男女。全裸の5人は、なぜここにいるのかという記憶もないまま山荘に逃げ込むが、そこには死体と謎のメッセージがあった。

kinenote

『ネイキッド・フィアー』の感想

エロティックしか売るとこがなかったんやなこれ…

パッケージから怪しさ全開、そんな映画をふと観たくなることありませんか??

観なきゃ良かったなと思うことも多々あるのですが、観てしまったからにはとりあえず感想を書いてみようということで😂😂

雪山ですっぽんぽんで目覚めた男女5人。

ココはどこ??私は誰??(そこまでは言ってない)状態で近くの小屋へ駆け込んだはいいものの、

一体誰がなんのためにこんな仕打ちを!!!

っていうのを解き明かすストーリーに”一応”なっていますが、その出来はあまりにもお粗末🤔

一応日本ではエロティックを推した宣伝になっていますが、

エロティック要素って女性の乳が出てるぐらいなので、映画を観慣れた方には特段の目新しさナシ🤦‍♂️

5人を眠らせて真っ裸にして雪山に放置した犯人については、最初から最後まで観ても動機が不明🙄🙄

不明ならまだいいとして、なんだかめちゃくちゃ適当に映画を終わらせてました。

良いのか??なんぼ低予算Z級映画とは言え何一つ解決しないままぶった切って終わっていいのか??

お退屈な会話劇、オチになってないオチ、申し訳程度のエロティック要素🤔🤔

はっきり言ってしまえば観る意味を感じない作品でした😂😂

今はこういうキワモノ映画を観たくなる周期なので、早く普通の映画に戻りたいですな😂

ただただ時間を失うだけの作品です😂

オススメ度☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる