【映画】『デス・スピード』感想:スプラッタ描写の謎の力の入り方

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!

芳ばしい香りがプンプン漂う謎のカーホラー『デス・スピード』です💁‍♂️💁‍♂️

目次

作品情報

【2009年作品】

【原題】Phantom Racer

【上映時間】87分

【製作国】カナダ/アメリカ

【ジャンル】ホラー

監督・キャスト

【監督】

テリー・イングラム

【出演】

ニコール・エガート

グレッグ・エヴィガン

ブレナン・オブライエン

ウィンストン・レカート

あらすじ

レーサーのJJとカッターは、親友でありライバル同士。しかしあるレースで、2人は激突。カッターは命を落とし、JJはそのショックでレースを引退した。17年後。トラック運転手として働くJJは、久々に故郷に戻る。そこで彼はカッターの兄クリフが、弟の紅いレースカーを復元していたことを知る。そして、JJの帰郷を待っていたかのように奇怪な事件が発生。クリフが無惨な死体で発見され、あのレースカーが姿を消すが…。

Amazon

『デス・スピード』の感想

ゴーストカーの設定がなかなか活かされない

正体不明の未確認無人自動車に追いかけられまくる大傑作『ザ・カー』の系譜と聞いて、

そりゃ観るしかねえ!!と飛びついたわけですが、

やっぱりTV映画の枠を出ない寂し〜〜〜〜い出来栄えでした😂😂

CM込の2時間枠での放送作品だったでしょうから、本編だけで87分というお手軽作品ではあるのですが、

無駄な会話シーンが多くて間延びした印象🤔🤔

短い割には短さを感じない作品なんですよね。

この辺りは多分TV映画クラスの映画特有なんだろうなぁ🤔🤔

ストーリーは17年前に事故で亡くなったライバルレーサーの怨念宿るゴーストカーが大暴れ、というそれだけ聞けば面白そうなプロットなのですが、

イマイチテンポに欠けるし、もっともっと大暴れしてほしい!

予算の都合なんでしょうけど、あんまり暴れてくれてないんだよなぁ🙄🙄

けれども、スプラッタシーンだけはかなり力の入った出来栄えでした。

これテレビで観てて急にはらわたぶちまけてたらビックリしちゃいますよ🤣🤣

日本のTV映画ではまず出来ないクオリティ😂

もっと上手くいかせれば、悪趣味全開の良作スプラッタホラーとして評価出来そうだったのになぁ🤔

いかんせんストーリー面が弱すぎてスーパー退屈映画なので、ちょっと気合いの入ったスプラッタ描写ぐらいではとてもじゃないけどオススメできません🙅‍♂️🙅‍♂️

あと、微妙にライバルレーサーの怨念宿るって設定が良くない🤔

正体不明の謎の車両に追い回されるような恐怖は無いですし、結局この怨念野郎は何がしたかったんだ???で終わっちゃうので、

あぱーーーー😂😂😂って感じですよ(笑)

ま本編観ずとも、怪しさは存分に感じられるZ級作品なので、

わざわざ時間を取って観るほどではないと思います🙋‍♂️

どうせ観るなら超絶大傑作の『ザ・カー』を観てもらいたいですな!!

こちらは本当に面白い作品です🤗🤗

オススメ度☆

『ザ・カー』の感想はこちら👇👇

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる