【映画】『真・三國無双』感想:全体的には雑な三國志映画って感じ??

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!!

日本で人気のゲームを本国で大胆映画化『真・三國無双』です💁‍♂️💁‍♂️

私とこのゲームの出会いは小学生ぐらいですかね〜ちょうど3作目からプレイしています。

思えばその頃からずっと三國志大好きマンだなぁ🤔🤔

三國志の映画化というよりは、ゲームの映画化ということでアクション面に期待がかかります。

目次

作品情報

【2021年作品】

【英題】Dynasty Warriors

【上映時間】118分

【ジャンル】アクション

【製作国】香港・中国・日本

監督・キャスト

【監督】

ロイ・チョウ

【出演】

ルイス・クー(『インビジブル・スパイ』)

ワン・カイ

トニー・ヤン

ラム・シュー

作品解説・あらすじ

コーエーテクモゲームスの人気アクションゲーム「真・三國無双」を、香港・中国・日本の合作で実写映画化。後漢末期、朝廷は腐敗の一途をたどり、地方では張角率いる黄巾党が反乱を起こす。曹操や義勇軍として志願した劉備、関羽、張飛の三義兄弟、孫堅、袁紹らの活躍により、黄巾の乱は鎮圧。しかし朝廷内の権力争いで台頭した董卓が専横を極め、これに反発した群雄たちは反董卓連合を結成する。「レクイエム 最後の銃弾」のルイス・クー、「欲望の翼」のカリーナ・ラウ、「レイルロード・タイガー」のワン・カイ、元SUPER JUNIORのハンギョンが出演。「のむコレ’21」(2021年10月22日~/東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映作品。

映画.com

『真・三國無双』の感想

妙なところで忠実だったり、歪な作品だなぁ〜

今作では、物語上の黄巾の乱〜反董卓連合というかなり三國志の初期を描きます。

そのため、ゲーム版で魏呉蜀それぞれのメインキャラとして公式が押してる趙雲・夏侯惇・孫尚香が一切出てきません!

これにはビックリ!(夏侯惇は出そうと思えば出せるが、まだ眼帯じゃない時代やしなぁ…)

全体的なイメージ的には趙雲が看板キャラクターのゲームなので、登場する前の年代しかやらないってなかなかの決断だと思います。

まあ、尺の問題もあるので仕方ないとは思いますが🤔🤔

話のメインは劉備・関羽・張飛の3人が主人公。

割とストーリー展開的には雑というか、急に異世界に飛ばされてつよーい武器を手に入れたりという頓珍漢さではありますが、

その割には曹操の叔父、呂伯奢のくだりはちゃんと描写してたり、変なところで忠実さを保ってます。

なんかバランス感覚が無茶苦茶だなぁ🤔🤔

キャラクターのビジュアルは割とゲームに寄せているあたりが、忠実なゲームの映画化といったところでしょうか。

袁紹のビジュアル完成度が飛び抜けてたのは面白ポイントでした🙋‍♂️🙋‍♂️

一番の問題は、安っぽさですかねぇ。

ゲームに寄せてるのは良いんですけど、コスプレ感が抜けない。

重厚さが足らず、めちゃくちゃ浮いた感じになってましたね、大体のキャラが。

加えて、アクションが思ったより少ないんですよ。

これ多分予算の都合上なのでしょうが、アクションゲームの実写映画化なのに、

肝心のアクションシーンが少なめなのはどうでしょうかね〜〜〜🤔🤔

むゲーム由来無双アクションも用意はされているのですが、序盤と終盤に固まっている印象で、

中盤は割と面白くないんですよね〜〜🙄

そりゃ無双アクションは大変出来がよろしかったとは思いますが、せっかく『真・三國無双』という看板を引っさげての映画なので、

もっとアクション寄りに仕上げても良かったと思いますよ!!🤔🤔

やっぱり三国志映画は『レッド・クリフ』の右に出る映画はなかなかありませんね〜〜😂😂

オススメ度★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる