【映画】『フライト』感想:飛行機を題材にしたパニックムービーかと思いきや…

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!!

デンゼル・ワシントン主演『フライト』です💁‍♂️💁‍♂️

公開当時、割とフライトパニックや、サスペンス作品の側面が強い印象の予告編を打っていた作品ですね🙋‍♂️

蓋を開けてみると実は…な作品でした。それでも間違いない作品です💁‍♂️

目次

作品情報

【2012年作品】

【原題】Flight

【上映時間】138分

【ジャンル】ドラマ

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

ロバート・ゼメキス(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』)

【出演】

デンゼル・ワシントン(『マグニフィセント・セブン』)

ジョン・グッドマン(『アトミック・ブロンド』)

ドン・チードル(『スペース・プレイヤーズ』)

ブルース・グリーンウッド(『スター・トレック』)

作品解説・あらすじ

「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキス監督がデンゼル・ワシントンを主演に迎え、「キャスト・アウェイ」以来12年ぶりに手がけた実写作品。フロリダ州オーランド発、アトランタ行きの旅客機が飛行中に原因不明のトラブルに見舞われ、高度3万フィートから急降下を始める。機長のウィトカーはとっさの判断で奇跡的な緊急着陸に成功。多くの人命を救い、一夜にして国民的英雄となる。しかし、ウィトカーの血液中からアルコールが検出されたことから、ある疑惑が浮上し……。第85回アカデミー賞で主演男優賞、脚本賞にノミネートされた。

映画.com

『フライト』の感想

アル中のお話もデンゼル・ワシントンが演じれば深みが増す増す

フライトパニック映画や、密室サスペンス的なノリの宣伝からは一変。

実際の映画の内容は、アルコール依存症のパイロットのお話です💁‍♂️💁‍♂️

これには、えぇー!!思ってたんと違う!!!と感じた方も多かったのではないでしょうか🤔🤔

ちょっと過剰な宣伝もよろしいけれども、ミスマッチの原因にもなるんだよなぁ🤔

とはいえ、もし思ってた映画と違ったとしても、この作品はかなり出来の良い作品であることは間違いなしです🙋‍♂️

なにせ、アルコール中毒のパイロットである主人公を演じるのは超演技派のデンゼル・ワシントン!!

デンゼルが演じればキャラクターに熱いハートが灯ります🤗

大惨事必至の墜落事故を何とか防ぎ、死傷者を何とか少なく留めた英雄パイロットですが、

その裏ではアルコール依存症に苦しむ一人の人間でした。

アルコールって本当にどうしようもないんだなぁと思います😫😫

私はプライベートでは晩酌〜🥃と称して、たまに梅酒を嗜む程度なので、アルコールがないとダメになる感覚までは分かりませんが、

依存症になるとアルコール断はあまりにも過酷なんでしょうなぁ…。

一見実話をベースにしたお話に見えますが、あくまでもオリジナル作品です。

ですので、墜落の被害を最小限に留めた英雄パイロットは実在しませんし、

実はアルコール操縦していたのでは??と疑惑をかけられた話もフィクションなのです。

ですが、アルコール依存症で苦しむ人々は確かに存在するわけで。

アルコールの楽しみ方もさじ加減だなと恐ろしささえ感じる作品なのでした🤔🤔

なので、日本予告編から漂うパニックムービーを期待した方は残念ながら全く楽しめないかとは思いますが、

デンゼルが演じるアルコール依存症の主人公の姿を覗き見る作品だと思えば、

少なからず感じ入るものがある作品ではないでしょうか🤗

事故を通じ自分自身と向き合い、自分自身の生き方と向き合う。

並大抵のことでは無いですが、そんな男の姿をデンゼル・ワシントンの熱演と共に楽しむことが出来る良作です🤗

デンゼル・ワシントンだからこその作品ですね🙆‍♂️🙆‍♂️

オススメ度★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる