映画『グレートウォール』感想:正直もうちょっと売れてくれても良かったんやで!!

2016年作品 103分

原題:長城(英題:The Great Wall)

ジャンル:アクション/ファンタジー

製作国:アメリカ/中国

監督:チャン・イーモウ(HERO)

出演

マット・デイモン(オデッセイ、エリジウム)

ペドロ・パスカル(トリプル・フロンティア、イコライザー2)

ジン・ティエン(パシフィック・リム:アップライジング、キングコング)

ウィレム・デフォー(アクアマン、ドッグ・イート・ドッグ)

アンディ・ラウ(グレート・アドベンチャー)

 

あらすじ

 中国の巨匠チャン・イーモウ監督が、ハリウッド・スター、マット・デイモンを主演に迎えて贈るファンタジー・アクション大作。人類史上最大の建造物“万里の長城”が、恐るべき怪物の襲来に備えるためだったという大胆な設定の下、モンスターと人類の壮絶な戦いの行方を壮大なスケールで描き出す。共演はジン・ティエン、ペドロ・パスカル、アンディ・ラウ、ウィレム・デフォー。
 金と名声のために強力な武器を求めて世界を旅する傭兵、ウィリアム。ある時、中国で正体不明の獣に襲われるも、相手の腕を切り落として危うく難を逃れる。その後、万里の長城で中国の警備隊に拘束されるが、ウィリアムが切り落とした腕に興味を示した軍師ワンの取りなしで処刑を免れる。ウィリアムが遭遇した獣は饕餮(とうてつ)と呼ばれる、60年に一度現われて人類を襲うという伝説の怪物だった。万里の長城は、その大襲来を食い止めるために築かれたのだった。そして、今まさに饕餮の襲来が始まろうとしていて、中国全土から戦士が集結していた。そんな彼らの姿に突き動かされ、自らも恐るべき怪物との戦いに身を投じていくウィリアムだったが…。<allcinema>

大ヒット間違いなしと持ったが、内容がトリッキーすぎたか…

どうも、クラウンです(・∀・)

製作費1億5千万ドルを注ぎ込んで作られたマット・デイモン主演の力作、『グレート・ウォール』。

万里の長城の起源は対宇宙人用だった!?というトンデモ設定な今作ですが、力の入り方は半端じゃない!

チャイナマネーをふんだんに使った贅沢な一品でございます(・∀・)

結構チャイナマネー嫌いな人もいるんですが、正直お金をかけてくれるなら何でも大歓迎や!!

まあ、そもそもこの作品は中国が製作国で中国が舞台ですので、よくあるチャイナマネーによる無理やり中国シーンとはまた訳が違うわけです!

主演はここのところなかなか大ヒット作に恵まれないマット・デイモン。

この作品あたりから大作映画でも見かけるようになったペドロ・パスカル共演。

そして、レジェンダリーと言えばこの人、ジン・ティエンも出演。

レジェンダリーが中国に買収されてから、ジン・ティエンはほんとにハリウッド映画でよく観るようになりました(主にレジェンダリー作品で)

ぜひともレジェンダリー作品以外でも活躍してほしいところ!

『マン・ハント』が昨年のワースト映画の一本だったチャン・ハンユーも出演していますし、この人がいれば間違いなしのウィレム・デフォー、

『レッド・クリフ』で言うところの金城武みたいなポジションのアンディ・ラウなど結構豪華な俳優陣が出揃っております。

やっぱり金がかかっているだけありまして、SF映画としてCGもしっかり作り込んであるな~と言う印象ですね。

エイリアンのビジュアルもなかなか気持ち悪い(・∀・)

長城を守る中国軍は圧倒的人口を生かして大軍団で守っているんですが、部門ごとにカラーリング分けされているのがいいですね~。

ただし、女性兵士を集めた特攻部隊の青色軍は、え?こんなあっさり人を死に追いやっていいの?と言う効率の悪さ。

もうちょっと戦い方考えた方が良いのでは…。

マット・デイモンは弓の名手として大活躍。

アァ~弓が似合ってるなぁ~(・∀・)

よくある親玉を倒せばエイリアン全員やられますパターンの作品でした。

『インデペンデンス・デイ』もそんな感じでしたね。

このパターン、いつもエイリアン側効率悪くないか?と思ってしまうものです。

大軍のエイリアンを倒すためには手っ取り早い設定ですが

そういえば、エイリアンの侵略に備えたはずの長城は、割とあっさり突破されそうな勢いですので、

『パシフィック・リム』で一生懸命作った防護壁が怪獣にさらっと破壊されて絶望してるのによく似てますね(・∀・)

『パシフィック・リム』もそういえばレジェンダリー作品でしたね!

アクション映画として、観てて楽しいのは間違いありませんし、

大コケしてるというところを踏まえれば、期待値を軽々超えてくれる作品であったのは間違いなしというところですので、

手頃な大作映画を探してる方にはちょうど良い作品と言えるのではないでしょうか!

マット・デイモンがしっかり活躍する作品ですので、ここのところマット・デイモンってどんな映画出てるのかなとお探しの方、

まずはこの作品を観れば間違いなしですよ!!

オススメ度★★★★

Author: クラウン

コメントを残す