映画『デストラクション・ベイビーズ』感想:菅田将暉よくこれ引き受けたなぁ

2016年作品 108分 R15+

ジャンル:ドラマ

製作国:日本

監督:真利子哲也(ディアスポリス -異邦警察-)

出演

柳楽優弥(ザ・ファブル、銀魂)

菅田将暉(銀魂、3年A組)

小松菜奈(サムライマラソン、来る。)

村上虹郎(犬ヶ島、ナミヤ雑貨店の奇蹟)

北村匠海(君は月夜に光り輝く、十二人の死にたい子供たち)

 

あらすじ

 「イエローキッド」「NINIFUNI」の真利子哲也監督が、「誰も知らない」の柳楽優弥を主演に迎えて贈る衝撃のバイオレンス・ドラマ。屈強な相手を見つけては所構わず喧嘩をふっかける狂気の男と、そんな彼の危険なゲームに巻き込まれていく若者たちの運命を生々しい暴力描写とともに鮮烈なタッチで描き出す。共演は菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎。
 愛媛県松山市西部の小さな港町、三津浜。高校生の芦原将太は両親を早くに亡くし、兄の泰良と2人暮らし。しかし、喧嘩に明け暮れていた泰良はある日突然、三津浜から姿を消してしまう。その後、泰良は松山の中心街に出没するようになり、強そうな相手を見つけては喧嘩をふっかけ、打ちのめしたり、逆に打ちのめされたりを繰り返していた。高校生の北原裕也はそんな泰良に魅了され、泰良と一緒になってこの危険なゲームにのめり込んでいく。そんな中、2人が強奪した車に偶然乗り合わせていたばかりに巻き込まれていくキャバ嬢の那奈。やがて2人の行状はネットを介して広まり、警察も動き出す。その頃、将太も泰良を探して松山市内へとやって来るが…。<allcinema>

ただただ菅田将暉が気持ち悪いなぁという気持ちが湧いてくる作品

どうも、クラウンです(・∀・)

柳楽優弥主演の異色作『デストラクション・ベイビーズ』を観ました!

今や多忙に多忙を重ねる柳楽優弥と菅田将暉の競演作ですが、

二人ともこんな映画出て大丈夫?好感度下がらない?

と、観てるこっちが心配になりそうなほど、普段の明るくイケメンな二人からは程遠い作品です。

というのも、まずはこの作品の菅田将暉は吐き気がするほど酷い役。

本当に良く引き受けたなと言いたくなるほどの酷い役。

それもそのはず。とにかく自分より弱い女を殴りまくって暴れ回るその姿。

そして強い者に媚びへつらうその姿。

菅田将暉の好感度が爆下がりしそうな勢いですが、それもこれもやっぱり菅田将暉って演技力あるんだなぁという証明でもあります。

でもこれ、観てて気分いい人いるのか?😥😥笑

一方の柳楽優弥演じる主人公の男は喧嘩しか頭になさそうだが、わざわざ女は殴らない。

と言うか自分より弱い存在に興味なさそう。

セリフ数も少ないのが不気味で、正直何を考えてるのかわからない男といった印象。

この、静かな主演とうるさい脇役。

そんな二人の演技力に引っ張られる作品ですね。

 

とは言ったものの、一体これは何の映画だったんだと、評価をつけるのも難しいのも事実でして。

暴力の先に何があるのか。

それを考える暇もなくただひたすらに暴力を重ねていく主人公。

彼は一体どこに向かおうとしているのか。

決してハッピーなエンディングが用意されているわけではない。

誰一人として救われない中で、ただ一人自らの気の向くままに暴力を重ねる主人公の物語のほんの1ページを見せられたような気分である🤔🤔🤔

オススメ度★★

Author: クラウン

コメントを残す