【映画】『犯罪都市』感想:やっぱりマ・ドンソクは鉄拳制裁だなぁ

2017年作品 121分

英題:The Outlaws

ジャンル:アクション/サスペンス/犯罪

製作国:韓国

監督:カン・ユンソン

出演

マ・ドンソク (新感染 ファイナル・エクスプレス、守護教師)

ユン・ゲサン (ゴールデンスランバー)

チョ・ジェユン (インサイダーズ/内部者たち)

チェ・グィファ (タクシー運転手 ~約束は海を越えて~)

 

あらすじ

 「新感染 ファイナル・エクスプレス」「グッバイ・シングル」のマ・ドンソクが主演し、本国韓国で大ヒットした痛快クライム・アクション。微妙なバランスで保たれていた裏社会の均衡を脅かす冷酷非情な中国系新興勢力と、その台頭に危機感を抱き一掃に乗り出した強面刑事率いる警察チームによる壮絶な抗争の行方を、迫力の肉弾アクション満載に描き出す。共演は「プンサンケ」「国選弁護人 ユン・ジンウォン」のユン・ゲサン。
 2004年ソウル。衿川(クムチョン)警察強力班の副班長マ・ソクトはどんな相手も拳一つで叩き潰してしまう最強刑事。街ではイス組と毒蛇組が激しく対立しながらも、ソクトが睨みをきかせて上手くバランスを保ってきた。そんな中、残忍なチャン・チェン率いる朝鮮系中国マフィア黒竜組が急速に台頭し、卑劣な手口で毒蛇組を乗っ取ってしまう。既存の韓国勢が黙っているはずもなく、事態は一気に緊迫の度を増していく。そんな一触即発の状況に危機感を募らせたソクトは、ついに一大掃討作戦を決行するのだったが…。

<allcinema>

 

ギャング相手でも安心感しかない腕力刑事アクション決定版!!

どうも、クラウンです(・∀・)

未だかつて、ここまで安心感のある刑事映画ものを見たことがあるだろうか?

と、言いたくなるぐらい、主人公の腕が太いぞ( ¯꒳¯ )

これ、絶対ワンパンでギャングが沈黙するやつやって思ってたら本当にワンパンで伸び上がってましたので爆笑ものでした😂

昨年は韓国映画強化イヤーということで、かなり精力的に韓国映画を観に行っていたのですが、

その中でも強烈な腕っ節が気になりすぎて観に行ったのがこの作品!

ポスターの画像、どっちが善玉でどっちが悪玉か最早わからないですよね😂😂

それぐらい、本当にあんた警察かよ!って言いたくなるぐらいのラスボス感が出る主人公を演じているのは、マ・ドンソク!!

大ヒット作『新感染 ファイナル・エクスプレス』に出演して以降、日本でも話題になっており、主演作が次々と輸入されています!

そんな彼が地元を荒らし出した中国出身マフィアと戦います。

国内マフィアの皆さん、警察と仲良すぎませんか~(いろんな意味で)🤔🤔

マ・ドンソクが怖すぎてみんな渋々したがってるように見えますが、これじゃ最早どっちがボスかわからん。

各マフィアのボスですら飼い慣らすレベルのマ・ドンソク😥😥

なんちゅう安心感や😰😰😰

中国マフィアの君たち、今のうちに逃げといた方がええで…。

と、教えてあげたくなるレベルです🤔🤔

アクション/刑事モノということでそもそも外れにくいジャンルではありますが、

実は本作はかなりコメディ寄りの作品でした。

いちいち緩いテンポのギャグをブッ込んでくるのが憎いなぁ!

まあ、刑事アクションと言いながらマ・ドンソクの威圧感で頭の上がらないギャングと、

豪腕の鉄拳制裁を見てる限り、本格派シリアスサスペンスアクションからは程遠いですな🤣

それがマ・ドンソク映画の魅力なのかもしれません。

あの強面、あの腕っ節でちょっと緩い小ボケ入れてくると、どうしてもふふっと笑ってしまいますよね😂

マ・ドンソク初心者の方にもオススメの作品です( ¯꒳¯ )

 

オススメ度★★★☆

Author: クラウン

コメントを残す