【映画】『一礼して、キス』感想:オラオラ系というか…怖すぎる

2017年作品 99分

ジャンル:青春/恋愛

製作国:日本

監督:古澤健 (ReLIFE リライフ)

出演

池田エライザ (賭ケグルイ、ルームロンダリング)

中尾暢樹 (チア男子)

松尾太陽 (一週間フレンズ。)

鈴木勝大 (帝一の國)

 

 

あらすじ

 加賀やっこの人気少女コミックスを池田エライザと中尾暢樹の共演で実写映画化した青春ラブストーリー。青春を弓道に捧げてきた女子高生と、彼女に恋した後輩男子の素直になりきれないすれ違いの恋の行方を綴る。監督は「クローバー」「今日、恋をはじめます」の古澤健。弓道部で部長を務める高校3年生の岸本杏。中学から6年間続けてきた弓道だったが、結果が伴わず自信を持てないまま。後輩で次期部長の三神曜太が、ロクに練習もせずあっさり優勝してしまう現実を受け止めきれず、ついに引退を決意する。もともと杏のことが好きで弓道を始めた三神は、そのことを知り激しく動揺するが…。

<allcinema>

 

お相手が狂気的できっついなぁ

どうも、クラウンです(・∀・)

池田エライザが主演と聞きまして、

特になんの前情報も入れずにレンタルした本作。

事前に知っていたことと言えば、この作品の原作が少女漫画だということ。

え?でも少女漫画ってこんなに狂気的な感じなん😥😥

少女漫画ってもっとキャピキャピしてて明るい恋愛映画のイメージなんやけど😥

何が怖いって、主人公に言い寄る後輩男の佇まいというか言動が怖いですよね。

え?年下でなんでこんな上から目線なん?

これがオラオラ系とか言うやつなん?

というかなんでこんな身勝手で一歩間違えたらこっちに危害を加えてきそうな雰囲気なん?😰😰

でもこれ、よく見てたらわかりやすい俺様系!って訳でもなく、

言葉数少なめの根暗な雰囲気なので余計に怖い。

そして、そんな彼のことを好きになる主人公ですが、

え?嘘やん。どこで?どこで好きになってんの?

全くよくわかりませんでした😂😂

見逃してしまっただけなのか、はたまた恋心がわかっていないだけなのか。

女心は難しいなぁ🤔🤔

これは筆者が女だったら共感したり出来たのでしょうか。

果たして女性の皆様はこの映画に対してもキュンキュンしたりするのでしょうか?

少女漫画原作の恋愛映画のイメージからすると、かなり暗い作品でした。

一部批判を浴びてる弓道描写は弓道未経験ということでさほど気にならず。

まあやっぱりこういうのは経験者の方が見ると気になったりするのね🤔

なんか別に面白いわけでもなく、恋愛映画としてキュンキュンするわけでなく、

ただただ後輩男のことを怖いと思ってるうちに終わってしまった😥😥

どうせならもっと明るくキュンキュンする映画が観たかったぜよ…😂😂

 

オススメ度☆

Author: クラウン

コメントを残す