【映画】『ヴェンジェンス』感想:正義には法は関係ないのか!!

2017年作品 99分

原題:Vengeance:A Love Story

ジャンル:アクション/サスペンス/犯罪

製作国:アメリカ

監督:ジョニー・マーティン (ハングマン)

出演

ニコラス・ケイジ (ゴーストライダー、マッド・ダディ)

アンナ・ハッチソン (キャビン)

タリタ・ベイトマン (アナベル 死霊人形の誕生、フィフス・ウェイブ)

デボラ・カーラ・アンガー (サイレントヒル:リべレーション3D)

ドン・ジョンソン (ジャンゴ 繋がれざる者、マチェーテ)

 

 

あらすじ

 ニコラス・ケイジが刑事でありながら法で裁けぬ悪党どもを自らの手で成敗する正義の処刑人を演じたクライム・アクション。長年の相棒を亡くし、心に深い傷を負った刑事ジョン・ドロモア。失意の日々を送っていた彼だったが、バーで出会ったシングルマザー、ティーナの一生懸命な姿に癒され、生きる気力を取り戻していく。ところが、そのティーナが愛娘の目の前で町のチンピラたちにレイプされる悲劇が起きる。犯人たちはジョンの手で逮捕されるも、大金で雇われた敏腕弁護士の力で無罪となってしまう。激しい怒りと無力感に襲われたジョンは、ついに自らの手で犯人たちに鉄槌を下すしかないと悟るのだった。

<allcinema>

 

 

法なんてクソ喰らえ精神で行動しすぎのニコラス・ケイジ

どうも、クラウンです(・∀・)

ニコラス・ケイジ主演『ヴェンジェンス』を観ました!

悪を裁くのは法じゃない。この俺だ!!!!

と言わんばかりにニコラス・ケイジ、キレる!!!!

ついに本気のニコラス・ケイジのカムバックだ!!!

と、大歓喜で鑑賞を始めたのもつかの間、

これ本当にこれで良かったのか?

本当にこれで全て解決なのかい??🤔🤔

 

長年の相棒を亡くした失意のニコラス・・ケイジ。

そんな彼がバーで出会ったシングルマザー。

やべえ、もう嫌な予感しかしない。

そう、このシングルマザーは男達に強姦されてしまう。

しかし敏腕弁護士により無罪を勝ち取ろうとする犯人達に対し何も出来ないニコラス・ケイジ。

弁護士も裁判長も法も、誰も彼らを裁くことは出来なかったのだ!!

そうなったらもう俺が始末をつけるしかない!!

ニコラス・ケイジ、闇の仕事人誕生!!

てな感じなんですが、めちゃくちゃ犯人達を始末していくのがあっさりしすぎて😂😂

そりゃまあ丸腰相手にキレたニコラス・ケイジが拳銃持ってりゃこうなるんだろうけど、

いいのか?こんなあっさり殺していっていいのか?

法では裁けないとはいえ、ニコラス・ケイジが裁いてもいいのか?

しかも、本当に誰が殺したかバレてない(一部除く)😂😂

本当にこんな闇に始末できるなら、現実でも現れてほしいもんである。

まさにダークヒーロー的な🤔🤔

ニコラス・ケイジが全員始末してハッピーエンドでちゃんちゃん。

でも敏腕弁護士と裁判長は野放しなのよ〜。

彼らも仕事だから仕方ない?

いや仕方なくない!!

ニコラス・ケイジよ、やるなら徹底的にやって欲しかったのだ!

あともっとアクションが欲しかったのだ🤔🤔

思ってたよりもあっさりした仕事人っぷりを見せつけられたので、

重厚なニコラス・ケイジのアクションが見れると思ってる方にはイマイチ。

いや、ニコラス・ケイジ主演のアクションでバチバチアクションしてる映画なんてそもそも減ってきたか🤔🤔

本当の意味でキレてるニコラス・ケイジが観たいなぁ😂😂

 

オススメ度★★

Author: クラウン

コメントを残す