【映画】『クワイエット・プレイス』感想:自分で作った設定すら守れないなんて…

2018年作品 90分

原題:A Quiet Place

ジャンル:ホラー

製作国:アメリカ

監督:ジョン・クラシンスキー (最高の家族の見つけ方)

出演

ジョン・クラシンスキー (13時間 ベンガジの秘密の兵士)

エミリー・ブラント (メリー・ポピンズ リターンズ)

ミリセント・シモンズ

ノア・ジューブ

 

 

あらすじ

 低予算ながら全米でサプライズ大ヒットとなり大きな話題を集めたサスペンス・ホラー。音を一切出さないように細心の注意を払い、何かに怯えながら生活する一家の戦慄のサバイバルの行方を、緊迫感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は実生活でも夫婦のジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラント。監督もジョン・クラシンスキーが自ら務めている。
 音に反応し人間を襲う“何か”によって壊滅状態となった地球。そんな中、どうにか生き延びていた1組の家族。リーと妻エヴリン、そして子どもたちは手話で会話し、裸足で歩くなど、音を出さずに生活することで、かろうじて“何か”の襲撃を免れてきた。しかしそんな一家には、妊娠中のエヴリンの出産という最大の危機が目前に迫っていたのだったが…。

<allcinema>

 

 

設定だけはちょっと魅力あるのに…

どうも、クラウンです(・∀・)

IT/それが見えたら終わり』に続いてスマッシュヒットを記録したホラー映画『クワイエット・プレイス』を久しぶりに観ました!

音を立てたら即死!なんて煽り文句に煽られて、

ホラー映画ダメダメなのに映画館に行ったのが懐かしいですなぁ😂😂!

ほら、ジェームズ・ワン系のゴリゴリホラーと比べたらちょっと観やすそうだったしね(笑)

幽霊悪魔ホラーは怖いけど、エイリアンホラーはちょっと気持ち観れるような。

だって人型じゃないし🤔🤔

さて、『クワイエット・プレイス』ですが、公開当時大ヒットを記録していたわけですが、

本当にホラーとしてはそんなに怖くないし、

そもそも根幹の設定がガバガバすぎてこの映画大丈夫かな?と思ってしまう作品ですね。

まず、ホラーとしての怖さの話ですが、

今作では音を立てたら何者かに襲われるホラー映画ではあるのですが、

割と序盤で襲ってくる何者かの正体が明かされています。

最後の最後の方まで襲ってくる何かがわからない方が怖さ倍増だと思うんですよねぇ🤔🤔

襲ってきている正体がエイリアンって序盤でわかった瞬間、ホラーというかSFやん感が強くなってしまって(笑)

そして、音に関することですが、

とにかく聞こえる聞こえないの判定がガバガバすぎて、音に反応して襲ってくる何者かの映画なのに、

この音は聞こえてこの音が聞こえないの判定が適当すぎると設定が死んでしまいますよね😫😫

この作品はそういう作品😰

いやいや、今の音は聞こえてるでしょ?ってシーンが多いので、それは正直ストレス。

今の音が他のエイリアンに聞こえてないなら、何やってもこいつら襲ってこねえだろ!!!って言いたくなるシーンあり。

せっかく自分で作った設定を自分で殺しちゃったら意味無いでしょ😥

そして、霊的なホラー映画ではないので、とにかく大きい音で怖がらせて来ようとするあたり、

設定のガバガバさも相まってちょっとイラっとします😥

続編決定らしいんですけど、今更続編で何をやるんだって感じはしますし、

ガッバガバな聞こえる判定をどうにかしてからストーリーを考えてもらいたいです😊😊

 

オススメ度★★

Author: クラウン

コメントを残す