【ゲーム】『CALL OF DUTY:MODERN WARFARE』感想:久しぶりにめちゃくちゃ面白いCODが帰ってきた!!

どうも、クラウンです(・∀・)

ココ最近は毎年欠かさずプレイしている『CALL OF DUTY(以下COD)』シリーズの最新作を、

とりあえずキャンペーンモードクリア、オンラインモードでもプレステージレベルの55までプレイしましたので、

ぼちぼち感想を書いてみますよ〜っと(^O^)!

このシリーズも通算で19作目なんですねぇ〜。

筆者がCODシリーズと出会ったのは2011年の『CALL OF DUTY:MODERN WARFARE 3(以下MW3)』でしたので、

10年近くもこのシリーズをプレイしているんだなぁと思うと、

人気の衰えないすごいシリーズだなぁと思いますね😆

初めてプレイしたMW3は、FPSゲームほぼ初心者の状態でしたが、まだまだ学生でしたので、

今と比べると格段に動体視力とか反射神経が優れていましたよね(笑)

初めての割にはよく適応出来て、結局プレイしたシリーズでは一番成績がよかったのがMW3だったと思います。

それから年々新しいシリーズ作品が発売されましたが、いつの間にか近未来が舞台となり、

ぴょんぴょん飛び跳ねる戦い方に適応出来なくなり、

だんだんと情熱を失ってしまっていたんですよね(笑)

歳と共に反射神経も衰えてきましたし(笑)

そんな中で第2次世界大戦を舞台にした2017年の『CALL OF DUTY:WORLD WAR Ⅱ』では、

久しぶりに地に足着いた戦争ゲームだなと思いましたし、かなり情熱を取り戻すことになりました!

昨年発売の『CALL OF DUTY:BLACK OPS 4』は今流行りのバトルロワイヤルモード搭載でこれまた面白かったですし、

近年失われていたCODシリーズへの情熱が徐々に復活していた中での本作ですよ!

前置きが長くなりましたが、今作『CALL OF DUTY:MODERN WARFARE』はかなり面白いです😆😆😆

旧MWシリーズのリメイクと言える作品で、

久しぶりに現代兵器が登場しますので、まず銃の名前がよく知ってるラインナップが揃っているのが本当に嬉しいですね(^O^)!

スナイパーライフルの「Dragunov」はMW3でめちゃくちゃ使ってたなぁという覚えがある懐かしい武器ですし、

「P90」なんかはサバゲーで使ったこともある連射力に優れたかっこいい武器なんですよね😆

近未来を舞台にするのはいいけれど、武器にロマンがない!!なんてことが結構最近のシリーズでは起こっていましたので、

そう考えれば今回は本当に聞いたことのある、よく知ってる武器が大登場してくれるのが嬉しかったのです(・∀・)

 

システム面でも過去シリーズとの差別化を図っている部分がありまして、

一定レベルまで達した後、レベルを1までリセットするプレステージ機能が廃止されました。

何回プレステージしたかで、その作品への力の入り具合の指標になっていた部分もありましたので、

ある意味モチベーションがなくなってしまったなぁと言うのが残念でしたが、

最近のシリーズに比べると銃撃音がなかなか良さげな響きを持っていますし、

ストーリー面も充実していて、まるで映画のようなく美しいCGでのムービーシーンは魅力ですし、

旧MWシリーズの前日譚兼リメイク的な立ち位置ですので、旧シリーズでお馴染みのキャラが活躍するのは嬉しいですよね〜(`・v・´)/

内容も良かったです!

久しぶりにストーリーモードをクリアしたような気がします(笑)

新作が出る度に一定数の酷評を浴びるシリーズではありますが、

筆者個人的には、一番面白かった時代の勢いが帰ってきたなぁと思うわけです(^O^)!

今のところ有料コンテンツは発表されていないので、

来年も発売されるであろう新作まで、長くのんびり遊べるコンテンツが発表されたら嬉しいですねぇ😆😆

 

満足度★★★★☆

Author: クラウン

コメントを残す