MENU

【映画】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た!!面白いのだけれども言いたいことがある!!

2019 12/20
【映画】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た!!面白いのだけれども言いたいことがある!!

どうも、クラウンです(・∀・)

いよいよスター・ウォーズ完結ということで、観てまいりましたよ!!!

ただし、私のスター・ウォーズに対するスタンスとしては、ディズニー主導で製作されたエピソード7~9は完全に蛇足だと思っておりまして、

今更「スカイウォーカーサーガが完結するぞ!!」なんてエイブラムス監督に言われても、

いやそもそも終わってたもんやし…としか思わんぐらいのテンションですので、

熱烈なスター・ウォーズファンと比べるとちょっと熱量低めです。

ちなみに、エピソード7以降のスピンオフ含めた作品の好みとしては、

『ローグ・ワン』『ハン・ソロ』の各スピンオフ作品が年間ベスト10級の面白さだったと思う反面、

『エピソード7/フォースの覚醒』は至って普通、『エピソード8/最後のジェダイ』は傑作!!

こんな感じの好みです🤔🤔

完全にナンバリング側よりもスピンオフの方が好みが全開でしたので、

正直エピソード9に関してもそんなにテンションが上がってこないんですよね。

しかも監督は元々はイマイチだった『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレヴォロウ監督が下ろされた挙句、

結局エピソード7のJ.J.エイブラムスが再登板することとなりました。

正直どっちが撮っててもあんまり期待できないなぁ🤔🤔という思いはありますが、

それでも結構予告編がザ・完結編っぽい感じで、ちょっと心を動かされてたんですよね(笑)

散々文句は言ってたものの、実はやっぱりめちゃくちゃ面白くしてくれてるんじゃないのか!!ってちょっとだけ期待度アップです。

エイブラムス監督で言えば、『スタートレック』シリーズの方はそれはもうめちゃくちゃに面白いので、

同じぐらい面白ければ嬉しいのですが😂😂

前置きが長くなりましたが、実際のところはどうだったでしょうか!

初日の仕事帰りに気合を入れてDolby Cinemaにて鑑賞して来ましたよ(^O^)!

 

いや、もうなんと言うか、

これはもう…

普通〜〜〜〜〜😭😭😭😭

めちゃくちゃに普通!!!!

面白いか面白くないかで判断するのもちょっと難しいぐらいに普通〜😂

良かった点としては、割と要素盛り沢山だったところですかね。

ライアン・ジョンソン監督の『エピソード8/最後のジェダイ』って、よくよく観ると話があんまり進んでないなぁと思うのです。

三部作の中編で全く話が進んでいない。

それはもうイコールで完結編で何とかするしかない!!

てなわけで、序盤はこれでもか!!と言うぐらい色々と詰め込んでくれたわけです。

決して退屈はしませんでしたよ✌️✌️

ところがですよ。

ところが、この三部作は結局のところちゃんと方向性を決めて進んでいたのかって話になる訳ですよね🤔

7と9をエイブラムス監督が撮る、8をライアン・ジョンソン監督が撮る。

この二人のやりたいことって、結構真逆だったように思うんですよね。

エイブラムス監督は良くも悪くも手堅く手堅くまとめていたなぁと。

逆に、ライアン・ジョンソン監督はある種三部作を破壊しにかかったなと。

結局8であんまり進まなかった上に、あっさりと殺されてしまったメイン悪役の代わりが9で急遽必要になった。

そして今更パルパティーン復活なんて不必要なことをする羽目に遭ってるわけですよね。

そんなもん一番最初の企画の段階である程度方向性決めておいてくれよと。

後で慌てて方向修正するようなわちゃわちゃしたところは見たくないぞ!!( ;∀;)

というわけで、製作上のゴタゴタ(本当にゴタゴタしていたかは分かりません)が観てて感じられるところが残念でした🤔

エピソード8は批評家からは好評の反面、観客からちょっと不人気でした。

非常にヘイトを集めてしまったキャラもいましたしね。

エイブラムス監督はそういった低評価側の声に悪い意味で媚びてしまったように見えたのが非常に残念でした。

ある程度万人に批判されないように媚びて媚びて、手堅く手堅くまとめていたのが、エピソード9という印象です。

ですので、割と序盤は要素盛り沢山で楽しいなぁと思っていたのですが、

結局のところあんまりエピソード6とやってること変わらないような…。

更には要素盛り沢山はいい事なのですが、今から2時間半で完結させなきゃというこの瀬戸際で、

そんなに本筋には必要なさそうな新キャラを登場させる。

え?新キャラに時間割いてる暇あるの???🤔🤔🤔

 

なんて、挙げればキリがないぐらいイマイチポイントもあります。

本当に評価が難しい作品です。

ただただ低評価をつけてもいいのですけれど、本当にエイブラムス監督が不憫だったなぁとも思いますね。

三部作の最初と最後なんてある程度は手堅くやるしかない部分もありますものね。

そう思うとライアン・ジョンソン監督は一番自由に伸び伸びと撮れた訳ですから、結構恵まれているのかもしれません。

全然進んでなかった話を何とかかんとか完結させたエイブラムス監督にはお疲れ様でしたと言いたいですし、

でもやっぱり手堅く媚びすぎやろ!と文句言いたい部分もありますし、

結論で言えばやっぱり新三部作は不要だったかなぁ😂😂😂

元も子もない話ですが✌️

次にもしスター・ウォーズで映画三部作なんてやるならば、

ある程度作品の方向性を管轄出来る人間を据えてほしいですね。

MARVELの方はケヴィン・ファイギ氏がシリーズの作品を統括して方向性を管理してますし、

スター・ウォーズにもそういう人間は必要だと思いました。

いきあたりばったりで製作しているのが透けて見えてしまうのは勿体ないなぁ🤔🤔

なんだかんだ言ってもBlu-ray発売後にまた観てるでしょうし、

時間が経って落ち着いて観たらかなり面白いなって思ってるかもしれません。

でも、とりあえず初日に観に行った感想としては、若干撃沈気味ということで、

次はもっとしっかりお願いしますねディズニーさん😂😂

 

 

満足度★★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる