【映画】『ラスト・クリスマス』を観た!!エミリアが限界までハマってたなぁ!!

どうも、クラウンです(・∀・)

新たなクリスマスの代名詞になりそうな映画が登場しました!

その名も『ラスト・クリスマス』。

Wham!の同名タイトルの名曲にインスパイアされて製作された作品です!

私はそういう映画だとは知らなかったので、タイトルが同じだからとはいえ、やたら劇中でWham!鳴ってるなぁとは思っていたのです。

が、まさかのWham!の曲にインスパイアされた映画だとあとから知りましたのでビックリでした!

そりゃ流石にタイトルまで被せて来て全くWham!と関係なかったら強気すぎるか🤔🤔

 

主演は元気娘の代表エミリア・クラークと、『クレイジー・リッチ』で一躍有名になったヘンリー・ゴールディングです。

監督はステイサムを良い意味でコケにした『SPY/スパイ』のポール・フェイグ。

リメイク版『ゴーストバスターズ』があまりにもふつーーーの作品だったのでマイナスですが、

『SPY/スパイ』はかなり良かったのでまずまずの期待度での鑑賞です。

エミリア・クラークは『ターミネーター:新起動』や『ハン・ソロ』などの大作でも存在感を発揮していますが、

一番魅力的に輝いていたのはサム・クラフリンと共演した『世界一キライなあなたに』だったんですよねぇ!!

どんな時でも明るく前向きで天真爛漫な姿に心打たれた方、多いんじゃないですか〜?(^O^)!

今作ではかなり『世界一キライなあなたに』寄りのエミリア・クラークが見れるということで、

彼女のファンの方には堪らない作品となっております😆😆

 

今回は予告編は全く観てなくて、そもそもこの時期にこういう映画が公開していることすら知らなかった。

知らなかったけれども、Twitterの映画ファンの間でかなり評判が良かったんですよね。

へぇ〜よさげな映画あるやん〜(^O^)!ぐらいの軽い気持ちで観にいった作品ではあったのですが、

泣かされました( ;∀;)

ひとつのクリスマスのひとつの小さな恋の話だと思ってたんですよ。

あ〜結構のほほんとしてて幸せな映画だな〜って。

主人公の家族関係など不穏な空気は漂ってはいますが、

なんだかんだ出てくるみんなハッピーになれる幸せな映画なんやろな〜って。

中盤ぐらいまでそう思っていたんです。

それが…

とんでもねぇ映画でした😳😳

映画観たあとで予告編見てみたんですよ。

ふつーにのほほんとしたラブコメ感全開やないか!!!!

のほほんと幸せな映画確定の予告編しとるやないか😭😭

そのノリで観に行くととんでもねぇ映画だったなと思います。

心にぽっかり穴が空いてしまいそうな作品です😢😢

それでも、いつも前向きなキャラが似合うエミリア・クラークが主演しているのが頷けるめちゃくちゃいい映画でした( ;∀;)

ネタバレなしだとこのぐらいまでしか書けない!

これ以上書けない( ;∀;)

エミリア・クラークにとって新たな代表作となる作品ですし、

クリスマス映画の定番としてめちゃくちゃ流行って欲しい!!

おひとり様でもよいけれど、恋人がいる人はぜひ恋人と観に行って欲しいなぁ😭

めちゃくちゃ泣けて、めちゃくちゃ前向きになれる大大大傑作です!!!

 

満足度★★★★★

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる