【映画】『エスター』感想:現実は小説より奇なりを体現した作品

2009年作品 123分 R15+

原題:Orphan

ジャンル:ホラー

製作国:アメリカ

監督:ジャウム・コレット=セラ『ラン・オールナイト』『トレイン・ミッション』

出演

ヴェラ・ファーミガ『トレイン・ミッション』

ピーター・サースガード『マグニフィセント・セブン』

イザベル・ファーマン『セル』

 

作品解説

赤ん坊を死産で失い、悲しみに暮れていた夫婦ケイトとジョンは、養子を迎えようとある孤児院を訪れる。そこで出会った少女エスターに強く惹きつけられた2人は、彼女を引き取ることに。しかし、日に日にエスカレートするエスターの不気味な言動に、ケイトは不安を覚え始める。原作はアレックス・メイスの小説で、主演は「ディパーテッド」のベラ・ファーミガ。

<映画.com>

 

目次

作品の感想

どうも、クラウンです(・∀・)

昔から名前だけは知っていたけど怖くてなかなか観られなかった『エスター』を観ました。

なんで観られなかったって、そりゃホラーだからですよ。

ホラー無理だからです😥😥

この先もまあ観ることはないのかなぁと思っていたのですが、

昨年、とあるニュースが話題になっていました。

そのニュースの内容こそこの映画最大のネタバレというか、根幹なのでここではそのニュースの内容までは触れませんが、

いや〜本当に映画や小説みたいなことって起きるんだなーと思ったもので。

先にネタバレされてしまったから一生観ないでおこうかなと思ったのですが、

逆にネタ知ってるから怖くても観れるかもと思って鑑賞しました。

ネタバレも100%が悪ってわけじゃないのかもしれません🤔🤔

 

本作は、引き取った孤児がヤベー奴だった!!!という映画で、

ネタを知ってるからこそ、主演のエスターを演じたイザベル・ファーマンって演技やべえなというところに注目してみることが出来ました。

いや、これ子役の演技じゃないですよ。

何イマドキの子役って子役時代からここまで演技洗練されてんの??

何者かわからないミステリアスな存在ながら、

次第に化けの皮が剥がれていく様子の演じ分けがお見事!!!

最後の方かなり恐ろしい顔してたでな😂😂

結構前の映画ですので、観たことがなくてもこの作品のオチを知ってしまってる方もいると思いますが、

まだ知らない方には是非とも観て頂きたい作品。

色んな意味で背筋が凍りそうな作品です(笑)

落ちを知ってる方は子役の演技に注目してご覧いただければと思います🙆‍♂️

オススメ度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる