【宝塚】『眩燿の谷 〜舞い降りた新星〜/Ray -光の光線-』観劇!新生スターの誕生だ!!

どうも、クラウンです(・∀・)

昨年秋に月組公演で宝塚の観劇デビューしまして、

年末に『タカラヅカスペシャル2019』をライブビューイングで楽しみまして、

ほんのちょっとずつ宝塚にハマりつつあるようなないような🤔🤔

そんな中で久しぶりに大劇場まで行ってきました😆😆

今回は2月11日の星組『眩燿の谷〜舞い降りた新星〜/Ray -星の光線-』公演のバレンタインスペシャル版です!

バレンタイン版と言っても特に劇の内容が変わるわけじゃなく、

公演前と公演後におやつを貰えました(笑)

これは嬉しい😂😂

 

さて、今回の星組公演はトップスターの礼真琴さん、舞空瞳さんのトップスターとしての大劇場デビュー作ということで、

この二人の名前をもじったキャラが登場するオリジナル脚本作のようです。

で、これがまた、

難解でした😭😭

架空中国のお話ということで、思っていたより取っ付き難い😭

人の名前がなかなか頭に入ってこなくて人間関係がちょっと分かりにくかったです😢

これは劇の内容というか、観てるこっち側の問題なのかもしれませんが…。

新トップスターの礼真琴さん。

年末のタカラヅカスペシャルで初めて見ましたが、

ほかのスターに比べるといささか小柄な印象も受けますが、

かなりキラキラしてました。

演技力も去ることながら、歌唱力がやばい🤔🤔

かなり飛び抜けて歌唱力が高くて、こう歌のシーンでジーンとくるものがありました。

生歌だからこそ良かったのもあると思います🙆‍♂️

これは星組推していきたいなぁ😆😆

ちょっとお話が取っ付き難い感じは否めないので、観劇予定の方はあらすじをしっかり読むなり、観劇前にプログラムをしっかり読むなりしてください🙆‍♂️

というかちゃんと読んでない私が悪いのだけれども…。

 

 

30分の休憩を挟んでお次はショーの『Ray -星の光線-』です。

劇の方は登場人物の名前を礼真琴さんにもじってましたが、

ショーの方はまんまタイトルがそれですよね😂😂

宝塚は遊び心あるなぁ(笑)

前回劇場観劇した月組公演は休憩挟んで前後半ともに劇の長編公演でしたので、

ショーを生で見るのは初めてです。

極端な言い方をすれば1時間歌って踊ってるだけですので、

ショーの方はハマらない人はとことんハマらないような気がしますが、

私はショーをめちゃくちゃ楽しめる側の人間でした(笑)

だってそりゃもうめちゃくちゃかっこいいのですもの!

劇で惚れ惚れした礼真琴さんの歌唱力は流石でしたし、

これテーマソングがめちゃくちゃ耳に残るんですよね〜😆

観劇後一週間経った今でも脳内でサビ部分が再生されることがあります(笑)

それぐらいに印象が強い!

キラキラしてて、生歌で、キレッキレのダンスで、

これジェンヌさん1時間ぶっ通しって本当にすごいなぁ…。

衣装がギラついてますよね😂😂

礼真琴さんがめちゃくちゃ美形でかっこよいので、こんなギラギラな衣装でもめちゃくちゃ似合います(笑)

気づけば1時間あっという間でした。

何だか圧倒されまくって気付いたら終わっていた感じです(笑)

宝塚の大階段はいつ見ても壮観ですねぇ😆

 

劇の方はイマイチピンと来なかった公演でしたが、

ショーの方で十分お釣りが来る楽しさでした!

ちなみに座席がちょうどど真ん中席でしたので真正面から楽しめたの、本当にくじ運がよかったなと思います😂

是非ともまた大劇場へ観に行きたいなぁ😆😆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる