【映画】『イエスマン”YES”は人生のパスワード』感想:人生のテーマにしたいポジディブな作品!

作品情報

2008年作品 104分

原題:Yes Man

ジャンル:ドラマ/コメディ

製作国:アメリカ

監督:ペイトン・リード『アントマン』『アントマン&ワスプ』

出演:ジム・キャリー『マスク』『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』

ズーイー・デシャネル『(500)日のサマー』『ハプニング』

ブラッドリー・クーパー『運び屋』『アメリカン・スナイパー』

リス・ダービー『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』

作品解説・あらすじ

「ノー」が口癖の人生に後ろ向きな男カールは、生き方を変えるために参加したセミナーで、「どんな事に対しても『イエス』と答えることが、意味のある人生を送るための唯一のルール」と教えられる。それから「イエス」を連発するようになったカールの運気は上がっていくのだが……。「マスク」「トゥルーマン・ショー」のジム・キャリーが主演するコメディドラマ。共演に「ハプニング」のズーイー・デシャネル。監督は「チアーズ!」のペイトン・リード。

<映画.com>

目次

作品の感想

どうも、クラウンです(・∀・)

今日紹介するのはジム・キャリー主演のヒット作『イエスマン “YES”は人生のパスワード』です🙋‍♂️

名前は長らく知っておりましたが、いつか観よういつか観ようで全然観てませんでした😂😂

面白いとは聞いていたんですけどね、なかなか後回しになってしまって😂

もうこの時点で全然イエスマンどころかノーマンですよね(笑)

さて、この作品は”ノー”が口癖の主人公カールが、イエスマンセミナーで”イエスマン”の誓いを立てたことから、

何にも”イエス”と答えることによって訪れる変化について描きます。

この映画、まぁ〜当てはまる人もいるんじゃないですかね。

私は完全にカールと同じ”ノー”マンを地で行くようなタイプなので、

こういう映画はめちゃくちゃ刺さるんですよ😂😂

人生に”イエス”を。そういうことをテーマにして生きていきたいですけど、実際はなかなか難しいですよねぇ😂

でも、何事も気の持ちようなのかもしれません。

カールが何事にも”イエス”と言い始めてから、起こる事柄は決して良い事ばかりではないんですよね。

それでもそれをどう受け止めていくのか、それが大事なのかなと思います🙋‍♂️

何事も受け止め方次第なんですよね。

ポジティブに受け止めていけば、何事も良い事だと思えるようになると思いますし。

“イエス”ってキーワードにはそう言うところも含まれているのかなと思います!

何事にも”イエス”って言ってたら前向きになれそうな気がしますもんね😂

同じ事柄でも要は捉え方次第なのです!

そんな主人公を面白おかしくも演じたのはジム・キャリーということで、

さっすがジム・キャリーやでというまさに真骨頂!

ヒロインのキュートでキュートなズーイー・デシャネルとの相性もバッチリです✌️✌️

この映画はまさにジム・キャリーにしか無理やろうなぁと思いますし、

この映画のヒロインはズーイー・デシャネルだけだなと思うぐらいぴったりとハマってます。

これがまさにハマり役!

ブラッドリー・クーパーも共演してたりでなにげに豪華な布陣です。

オープニングでJourneyが流れた瞬間から心を掴まれる構成ですし、

監督は『アントマン』シリーズのペイトン・リードで、やっぱりこう言うちょっと抜けた感じのコメディは上手いんだなぁと。

製作陣・キャスト陣全てがこの映画にちょうど良い布陣だなぁと思いましたね🙆‍♂️🙆‍♂️

きっかけはなんでもいいんだなと思います。

この作品ではたまたま行ってみた自己啓発セミナーがきっかけでイエスマンになったわけですけど、

長い人生、どこで何がきっかけになるか分かりませんし、

この映画みたいに何でもかんでも”イエス”と答える必要は無いんだとは思いますが、

ちょっとでもポジティブに、前向きな捉え方をできれば、人生がちょっぴり豊かになるかもしれませんね🙆‍♂️🙆‍♂️

もしかしたらこの映画そのものがあなたにとっての”イエス”のきっかけになるかも知れませんね(^O^)!

オススメ度★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる