【ドラマ】Netflix『Followers』感想:キラキラ色彩の蜷川ワールド全開!

作品情報

2020年作品 全9話

ジャンル:ドラマ

製作国:日本

監督:蜷川実花『Diner ダイナー』

出演

中谷美紀『渇き。』『清洲会議』

池田エライザ『賭ケグルイ』『ルームロンダリング』

金子ノブアキ『Diner ダイナー』

浅野忠信『バトルシップ』『マイティ・ソー』

作品解説・あらすじ

宝石箱のように煌びやかなものたちが詰め込まれ、万華鏡のように変化する街=TOKYO。人々も街もとどまることなく変化を続ける中で、TOKYOの“今”を敏感にキャッチし、自らの手で成功を手にした中谷美紀演じる写真家・奈良リミ。モラルに囚われない確固としたライフスタイル、恋はするが相手に依存することはない自信にあふれた生き様。一方で、女優を目指して上京するものの芽が出ない池田エライザ演じる百田なつめ。無限の可能性を秘めながらも、苛立ちと根拠のない自信の間を行ったり来たり。

誰もがつかみ取りたいのは、自分らしい幸せの形。でもそれを阻むシビアな現実、心無い声。TOKYOを懸命にサバイブしようとする彼らの人生が、SNSを通じて意外な形で交錯していく――。

監督は、オンリーワンの色彩美&世界観で多くの人を魅了し、2019年『Diner ダイナー』『人間失格 太宰治と3人の女たち』と話題作を立て続けに発表し、幅広い層から圧倒的な支持を得る、蜷川実花。独自の感性で常に時代を切り取り、色鮮やかな映像表現で日本のみならず、世界中の注目を集めてきた蜷川による、完全オリジナルの新作ドラマが誕生する。

<Netflix公式>

目次

作品の感想

どうも、クラウンです(・∀・)

2月27日よりNetflixにて独占配信が開始された『Followers』を早速観ましたよ!🙋‍♂️🙋‍♂️

テレビCMで散々宣伝してましたので、ちょっと面白そうだなーと思っていたのですが、

3月配信かと思いきやもう配信が始まってましたので慌てて鑑賞です😂

2時間ぐらいの映画かなーと思っていたら、まさかまさかのドラマシリーズでびっくり!!

映画だったらサクッと観れるのですが、ドラマは観るのしんどいなーってなって結構足踏みするんですよね😂

しかしこの『Followers』は気付けば土日で一気に観終わってましたよ!

ほんとに気づけば、気づけばです。

1話約35~45分程度の9話なので、結構サクサク観れるんですよ🙋‍♂️

休日は半日ほど失われましたが、全く後悔はありませんよ!!

キラキラな色彩の蜷川ワールドへ引き込まれる!

実は私は蜷川実花監督作品を観るのは初めて!

調べてみたら映画はそんなに多くは撮っていないんですね🤔

映画で計4本と音楽のPVの監督などなどですが、本業は写真家のようで。

前々から色彩鮮やかな作品を撮るとは聞いていましたが、

今回この『Followers』では前評判そのもののあまりの美しさに度肝を抜かれました!

もう文字通り度肝を抜かれたんです!!

1話目からのワンカットワンカットが美しすぎて言葉が出ませんでした🙆‍♂️

ある意味目がチカチカするので、こういう色彩の映像が好きじゃないって方にはとことん合わないよなぁと思います。

何しろ9話分ガッツリそんな色彩ですので、1話目の時点でキツイなぁと思った方はそこで回れ右した方がよいかもしれません🤔🤔

それはある種クリストファー・ノーランみたいな監督の色彩とは真逆で、

ニコラス・ウェンディング・レフンみたいな監督の色彩のそれに近いですね。

レフン監督よりさらにチカチカしますが😂😂

筆者にとってはその過剰なまでの色彩はただただ美しいなと。

4K画質とかで観たらめちゃくちゃやばやばなんやろなぁと思いました。

残念ながら標準画質の契約しかしてないので、Netflix側が全く蜷川ワールドの色彩についていけてないシーンもありました😂😂

蜷川監督、やりすぎですって😂

SNSの時代だからこそ

今作では、SNSの時代になったからこそ、

いわゆるバズれば天下、炎上したら終わりみたいなとこが非常に現代らしく描かれていました。

ほんとに有名になるのはほんのきっかけだったりするんですよね、今現代は。

ある意味、有名になったもん勝ち的な。

有名になってさえしまえば、有名人、芸能人になってさえしまえば、圧倒的にちやほやされるますよねきっと。

でも逆に不祥事を起こせば昔よりも圧倒的に叩かれて、悪意に晒されて、干されて終わりなシビアな世界です🤔🤔

この辺は堀江貴文が本人役で炎上騒ぎに痛烈批判コメントしてて、

観てるこっちは本人役でフフっと笑えるシーンになっていましたが、

実際本当に言いそうなセリフなのがずるいですよ😂

アドリブでやってんじゃないの???って😂

ちょっと面白おかしいシーンにはなっていますが、

最近でも芸能人の不祥事に対して過剰なまでに報道して、叩いて干してが日常茶飯事になっていますからね。

ほんと恐ろしい限りですよ🤔🤔

ちょっと偏りがちなキャラクター陣?

これはある意味ですが、本作の主人公は強い女性とゲイの男しか出ておらず、

いわゆるふつ〜な感じの男や、ふつ〜に働いてる女の人はメインに出てこなかったですね。

作中でも精神的にも経済的にも自立した女性を目指しましょう的なセリフがありましたし、

メイン陣はみんな仕事が生き甲斐の強い女性陣ばっかりな気がしました。

いや、わかりますよ。

このご時世ですし、そういう強い女性をテーマにした作品ってめちゃくちゃ多いですよ。

ディズニーもそうですしね。

でもなんというか、最近女性も強くあるべき!!!みたいなテーマ本当に多すぎません??

女性蔑視や男尊女卑など言われ続け、女性も強くあるべきとする風潮もあるのかなと思いますけど、

逆に強く生きなきゃダメみたいな、女性も強くなきゃみたいな流れが強くなりすぎて、

みんながみんなそうじゃないのでは??なんて思ったりもします🤔

このドラマはそういうドラマだからそういうもんだろ!!と言われればそれまでなんですけどね😂😂

このドラマに対してこういう感想を抱くのももしかしたら的はずれなのかもしれませんが😂

感想まとめ

なんだかんだ言っても、飽きずに9話最後まで完走出来た訳ですし、

結構楽しめるドラマだったと思います🙆‍♂️

巷ではあんまり評判良くないみたいなんですけどね😥😥

かく言う私もストーリーのここが良かった!!って明確に言えるところってあんまりなくて、

あまりにも映像的な部分でどストライクだったので続けて観てたら最後まで飽きずに観られちゃったみたいな所もあるので😂😂

ストーリー面を重視する方だとイマイチなのかな?🤔🤔

まあここはひとつ、騙されたと思って最初の1話を観てみて、いけそうだったら最後まで観てくださいな🙆‍♂️

あと池田エライザファンの方は必見です🙆‍♂️

オススメ度★★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる