【映画】『フライト・ホステージ』感想:内容もアレやけど吹き替えはもっと酷い…

どうも、クラウンです(・∀・)

本日紹介する作品はこちら!!

パッケージだけはちょっとそれっぽい感じの『フライト・ホステージ』です💁‍♂️💁‍♂️

それっぽいってのは、あれですよね、リーアム・ニーソン主演の『フライト・ゲーム』をちょっと意識した感じですよね。

でもまあ多分これZ級クラスなんだろうなぁ😂😂

目次

作品情報

【2016年作品】

【原題】Flight 192

【上映時間】92分

【ジャンル】サスペンス/アクション

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

監督・キャスト概要

【監督】

ナディーム・スマー

【出演】

ディナ・メイヤー『スターシップ・トゥルーパーズ』『SAW』

ヴィクトリア・プラット

ジャスティン・ジョンソン

ロリン・ヨーク

作品解説・あらすじ

TVシリーズ「ビバリーヒルズ高校生白書」に出演後、『ドラゴンハート』『スターシップ・トゥルーパーズ』などのアクション作品で注目を集め、 

『ソウ』シリーズにも出演を果たしたディナ・メイヤーが、凛とした美しさと過酷な状況でも絶対にあきらめず、絶体絶命の状況を打破しながら激しい死闘で犯罪者に立ち向かう! 

その確かな演技は、作品に圧倒的なパワーを与えている! 

FBI捜査官の息詰まる死闘を描いたアクションサスペンス。FBI重大犯罪課の副主任・サラは、証拠不十分で不起訴になった政治家・ジョンソン上院議員の決定的な証拠映像を入手する。サラはすぐさま議会に報告するためワシントン行きの便に搭乗するが…。

Amazon

作品の感想

登場人物みんな無能なサスペンスってさ…

心を無にしたい、虚無にしたい方(そんな人いない)にはオススメの作品でした😇😇

とにかく、とにかく酷い…

FBIの主人公がハメられて家族を人質に取られてあれやこれやのサスペンス作品なのですが、

出てくる登場人物が兎にも角にも無能な人ばっかりなのがこの作品!!

部下の男は本当にFBIなの???と言いたくなるレベルの無能さ、

航空警察も真面目に仕事をしているようだけど本当に無能で、

家族を人質にしてる殺し屋も常にボスに怒られてる仕事の出来なさ。

えぇ…こんなに無能な登場人物ばっかりで大丈夫なんか😥😥と、物語が進む事に不安要素が増えていく訳ですが、

当然大丈夫なわけがない!!!

ここまで無能な人ばっかりだとハラハラするどころかイライラばっかり😥

そして、一応サスペンステイストですが、誰が悪役、誰が犯人って観る側は最初からぜーーんぶわかってますので、

まっっったく緊張感がない😫😫

だからこそ余計に無能な人達にイライラするんだろうなぁ…。

で、ストーリーがとにかく面白くなかったのはもうしょうがない!!

そういう映画も星の数ほどあるので仕方ない!!

問題はそこじゃない、多分そこじゃないんだ…。

聞くに耐えない酷い日本語吹き替え

よくあるタレント吹替えって訳では無いみたいなんです。

ただ、タレント吹き替えよりも酷い出来なのが本作の吹き替えです。

家で映画を観る時は字幕を追うのが疲れるので結構吹替版で観ることが多いのですが、

これは本当に吹き替え版が厳しすぎて観てるこっちが辛かったです😂

え?そこら辺にいる人連れてきて収録した??って思う方が何名か…。

何も気にせず観てたら特段気にならないレベルの人もいるんですけどね、

とにかく酷いのが何キャラか…というか顔と声が本当に合ってないし、

芸人が適当にアテレコした動画じゃないんだからさぁ…喋り方とかもうちょっと考えてよ…と思うキャラが多すぎる。

映画自体が無能なキャラが多い出来の悪い脚本なのに、

それに拍車をかけるかのような酷い吹き替えで本当に観てるのが辛くなる作品です😂😂

正直ここまで色んな意味で酷いのが重なった映画はすごいと思います!!(褒めてはいない)

監督自身が制作・脚本・撮影まで兼任した意欲作ではあるのですが、

オススメ出来るポイントがこれっぽっちも感じられない作品でした😲

酷い吹き替え版を観てもらって同じ気持ちを共有したいという思いはちょっとありますけどね😂

オススメ度☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる