【映画】『おじいちゃんはデブゴン』感想:柔でもって剛を制すのお手本のようなアクション

どうも、クラウンです(・∀・)

本日紹介する作品はこちら!!

サモ・ハン主演『おじいちゃんはデブゴン』です💁‍♂️💁‍♂️

長いキャリアと、あまりにも多大な出演作を誇るサモ・ハンですが、

恥ずかしながら出演作を観るのは初めてです😅😅

中国映画あんまり観ないんだよなぁ😅

目次

作品情報

【2015年作品】R15+

【原題】我的特工爺爺 The Bodyguard

【上映時間】99分

【ジャンル】アクション

【製作国】中国、香港

監督・キャスト

監督・キャスト概要

【監督】

サモ・ハン『燃えよデブゴン』

【出演】

サモ・ハン『イップ・マン 序章』

ジャクリーン・チェン

アンディ・ラウ『グレートウォール』『グレート・アドベンチャー』

リー・チンチン

作品解説・あらすじ

香港映画界の重鎮サモ・ハン(サモ・ハン・キンポー)が20年ぶりにメガホンを取り、主演も務めたアクション映画。故郷の村でひとり暮らす66歳の退役軍人ディン。初期の認知症と診断されたディンが唯一心を許していたのが隣に住む少女チュンファだった。ギャンブルで中国マフィアから借金を重ねていたチュンファの父レイは、マフィアのボスであるチョイから借金返済を待つ代わりに、ロシアのマフィアから宝石を奪うという危険な任務を与えられるが、奪った宝石を持ち逃げ。激怒したチョイは娘のチュンファ誘拐を画策するが、その計画をディンが老人とは思えぬカンフーで阻止する。記憶は薄らいでも拳法の腕前は落ちていなかったディンは、マフィアたちを掃討するため立ち上がる。ディン役のサモ・ハンはアクション監督も務め、レイ役で出演したアンディ・ラウは製作、主題歌も担当。サモ・ハンの監督復帰を祝し、ユン・ピョウ、ツイ・ハークら香港映画界のレジェンドが多数ゲスト出演している。

映画.com

作品の感想

まだまだ動きは健在なところを見せつけた!!

サモ・ハン出演作を、ここまでわざと観てないのかと思うぐらいにはちょうど観てこなかった人生でしたが、

武術の達人とは聞いておりましたので、

本当は全盛期バリバリの頃の映画を観るのが良いのかもしれませんが、ちょっぴり楽しみにしていました(笑)

ついにサモ・ハンの映画を観れるぞ!!と😂😂

では実際のところどうでしょう。

は物忘れ激しくなってしまったおじいちゃんサモ・ハンのぼけーっとした姿に唖然としながらも、

元軍人という設定を活かして、闘う時はトコトンやるギャップが良かったですなぁ👌👌

その見た目からは想像出来ない柔らかい動きで敵を制する!

これ正に柔をもって剛を制す!

アクションシーン自体はそれほど多いわけでは無いのですが、

どのシーンもとても濃いんです😙😙

70近いおじいちゃんになってしまったサモ・ハンですが、まだまだ動きは健在というところを見せつけてくれましたなぁ!!

これを観ると全盛期はもっと凄かったんだろうなという思いが湧いてきますので、

やっぱり全盛期の頃の映画もちゃんと観ないとな😂😂

共演のアンディ・ラウはタチの悪いチンピラみたいな役でしたが、

これまためちゃくちゃ似合ってたなぁ…(笑)

アンディ・ラウ、顔がちょっとチンピラっぽいんですかね😂

前半はアンディ・ラウメイン、後半がサモ・ハンメインといった感じでしたので、

フルでサモ・ハンの活躍を期待するとちょっとガッカリするかもしれませんが、

それでも十二分に楽しめる作品でした✌️

昔からのサモ・ハンのファンの方はこの映画はどう捉えてるんでしょうかね?

サモ・ハン初心者にはちょうど良い塩梅でした🙆‍♂️

オススメ度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる