【映画】『アドリフト 41日間の漂流』を観た!!さらに一段階海が苦手になったのでした

どうも、クラウンです(^O^)!

今週末3本観た新作の2本目がこちら!

バルタザール・コルマウクル監督作品『アドリフト 41日間の漂流』です💁‍♂️💁‍♂️

漂流映画と言えば白鯨と戦った挙句に海に放り出されて漂流し続けたクリス・ヘムズワーズ主演『白鯨との闘い』を思い出します。

あれは本当に過酷な映画でしたからねぇ…。

海での漂流と言えば恐怖体験のイメージが植え付けられているのですが、本作はどう言った具合に仕上がっているでしょうか!

目次

作品の感想

コルマウクル監督だからこそのリアル路線

バルタザール・コルマウクル監督と言えば、マーク・ウォールバーグ、デンゼル・ワシントンと組んだ『2ガンズ』が非常に軽快なアクションコメディで、

このキャストでこの内容!という分かってる監督だったのですが、

最高傑作はジェイソン・クラークやジョシュ・ブローリンらと組んだ『エベレスト』では無いでしょうか!

エベレストでの大量遭難事故をベースに作られた作品で、あまりの撮影の過酷さにジョシュ・ブローリンが疲労困憊になってしまって、

後の『ボーダーライン』のオファーを1度断ったとかどうとか😂😂

そういう過酷でリアル路線に強い監督ならばこういう遭難だとか漂流だとかの過酷なテーマの映画が似合います。

今回の『アドリフト 41日間の漂流』も、大々的に実話をベースにした映画ということを謳っていましたし、

実際に海で遭難事故を撮影したとかで、

本当に怖い映画になっていますよ😅

霊的なホラーとか、オカルトなホラーとか、そういうホラー的な怖さではもちろんありませんが、

むしろそういうホラーよりも結構心にくると言いますかね…。

下手なホラーよりもよっぽど怖いのが遭難系の映画ですので、それなりに覚悟が必要になる作品です🤔🤔

けど、こういう映画を本腰入れて撮れる監督なんて結構限られてくるでしょうし、

『エベレスト』の手腕が見事だったコルマウクル監督だから観に行ったってのも、鑑賞の決め手のひとつなんです。

個人的にはかなり信頼できる監督なんですよ✌️✌️

普段ならキラキラ恋愛映画に発展しそうなキャストだが?

主演はシェイリーン・ウッドリー&サム・クラフリン。

パッと見ただけで恋愛映画に出てそうだなぁというキャスティングです😂😂

実際、この2人がイチャイチャキラキラしてるシーンもまあそこそこあるにはあるんですけど、

映画のメインは過酷な漂流生活なので結構ね、辛いですよね😂

あえてこういう恋愛映画っぽいキャスティングを逆手に取った良い配役だと思いましたね🤗🤗

劇中はほぼ2人演技が続くので、この2人のどちらかだけでも好きな人にはオススメ度高めです🙆‍♂️🙆‍♂️

シェイリーン・ウッドリーは特に今回演技に磨きがかかっていましたよ🙋‍♂️

こういうハードな映画で本当に過酷な演技もこなせる人なんだなと🤔

よくよく考えたら『きっと、星のせいじゃない』辺りでも難病の役やってましたし、

本来はこういう役どころで生きる女優なのかもしれません。

とにかく食料も少ない中での漂流生活ということで、シェイリーン・ウッドリー自身も実生活でかなりカロリーカットな生活を送っていたようで、

この映画にかける役作りの本気度が伺えますね🤗

今作のような過酷な映画の役作りは本当に俳優・女優さん自身の体調管理大丈夫かよって思っちゃうこと結構多くて、

若干そういう気持ちがノイズになったりもするんですけど😂

本当に過酷な撮影でしたでしょうに、よくぞやり切ったな!!という作品です🙆‍♂️

過去と現在を行ったり来たりで最後の最後まで転覆の真実が語られない構成もGOOD👍

あまりにも過酷なラストに涙不可避の作品でした😭

『エベレスト』の時もあまりに残酷で涙したんですけど、コルマウクル監督は本当にこういった作品を撮るのが上手い。

上映してたことすら気付かれずにひっそりと終わってしまいそうな作品ですが、

キャストや監督にピンと来たら是非観に行って欲しい作品です🙆‍♂️🙆‍♂️

満足度★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる