【映画】『ザ・スパイ ゴースト・エージェント』感想:大阪で上映しなかったのまだ怒ってますからね!!

どうも、クラウンです(^O^)!

本日紹介する作品はこちら!

ロシア映画界トップスター、アレクサンドル・ペトロフ主演『ザ・スパイ ゴースト・エージェント』です💁‍♂️💁‍♂️

ゴースト・エージェントと聞くとライアン・レイノルズとジェフ・ブリッジスのアレを思い出してしまうのですが、

こちらはSF要素なしの真っ当なスパイ映画でしたよー🙌🙌

目次

作品情報

【2019年作品】

【英題】The Hero

【上映時間】121分

【ジャンル】アクション/スパイ

【製作国】ロシア

監督・キャスト

【監督】

カレン・オガネスヤン

【出演】

アレクサンドル・ペトロフ(『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』)

ストラヴェーナ・コドチェンコワ(『ウルヴァリン:SAMURAI』)

ウラジミール・マシコフ(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』)

コンスタンチン・ラブロネンコ(『アンチグラビティ』)

作品解説・あらすじ

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」や「魔界探偵ゴーゴリ」シリーズなどロシアのヒット映画に多数主演して注目を集めるアレクサンドル・ペトロフが主演を務めたスパイアクション。ロシア対外情報庁(SVR)が創設したスパイ養成学校「ユース」では、優秀な若者を潜入スパイ「スリーパー」として訓練する極秘計画が進められていたが、創設者のロダン大佐の死により計画は凍結される。15年後、元スパイのアンドレイは、死んだはずの父ロダン大佐からのメッセージで、何者かがユース出身のエージェントを狙っているということを知る。敵の狙いは、「ユース」の極秘パスワードで、それを使えば世界各国の中枢に潜入したスリーパーたちが目覚め、テロ活動を開始するのだ。アンドレイは陰謀を阻止するため、かつての仲間のマーシャとともに敵の正体を探るが……。ヒロインのマーシャ役は「裏切りのサーカス」「ウルヴァリン:SAMURAI」などで国際的にも活躍するスベトラーナ・コドチェンコワ。ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦」上映作品。

映画.com

『ザ・スパイ ゴースト・エージェント』の感想

流石に関東限定はやめてくださいよ!

ロシア映画はいいぞ!!ということで、ロシア映画界トップスターのアレクサンドル・ペトロフが主演と聞いちゃ、

観ないわけには行かないじゃないですか🙌

なので、この映画が劇場公開されると聞いた時には大層喜んだものです。

それが関東限定での公開とも知らずに…

という事でですね、結構未だに関東限定上映で終わらせてしまったの、根に持ってますよ!!!

なんですか「未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦」って!!

未体験ゾーン関連なら大阪でもやってくださいよ😭😭

まあ、大阪に住んでるだけで、地方よりかは観れる映画が多いのであんまり文句は言えないんですけどね…。

その後頭からふら〜っと消えてしまってたのですが、いつの間にやらレンタルやら配信やらがスタートしてましたので、

観てみましたよ〜✌️✌️

ロシアはゴリゴリCGのSF映画が強いので、こういったスパイものがどれほどのレベルか楽しみです🙌

本当に最後までどう転ぶか分からなかった!!

良く言えば、本当にどうなるか最後の最後まで分からなかった!

悪く言えば、人間関係が分かりにくかった(笑)

ロシア映画界のトップスター、アレクサンドル・ペトロフを主演に、

『ウルヴァリン:SAMURAI』での悪役がもう懐かしい域に達してしまっているスベトラーナ・コドチェンコワを御相手役に。

そしてロシア映画ではこれまたよく見かけるコンスタンチン・ラブロネンコが良い味を出してます🙆‍♂️

結局誰が味方で誰が敵なのか。

このあたりが絶妙に分かりにくく、良さとも悪さともなっていました。

コンスタンチン・ラブロネンコの風貌が余計に敵なのか味方なのかを混乱させてくるので、

このキャスティングはナイス🙆‍♂️

007シリーズやMIシリーズのようなトンデモアイテムは登場せず、リアル路線寄りのスパイ作品でしたね。

アクションもなかなか良かったですので、観てて飽きることはあまりないかと✊

ただし、入り組む人間関係がややこしいので、家でぼけーっと観るのにはあまり向いてなさそうな映画ですね😂

ジャンル的にはアクション映画だけれどもぼけーっと観るのには適さない(笑)

ある程度集中力を持って鑑賞することが求められます🤔

最近では『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が日本でもスマッシュヒットした影響で、

主演のアレクサンドル・ペトロフには見覚えのある方が増えたと思うので、

他にロシア映画にはどんなのがあるのだろう?🤔なんて思ってる方にはひとつ試しに観ていただきたい作品です🙌

ゴリゴリのCGビジュアルでボコボコに殴りつけてくる映画が多いロシア映画界において、

リアル路線スパイ映画もある程度のレベルで作れまっせ!というのを世に示す作品ですよ🙆‍♂️

オススメ度★★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる