【映画】『フロントランナー』感想:おヒューのイメージを逆手に取った良い配役

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!

ヒュー・ジャックマン主演『フロントランナー』です💁‍♂️💁‍♂️

88年にパパブッシュと大統領選を戦ったゲイリー・ハート氏を演じます。

これがまた、ヒュー・ジャックマンをキャスティングした人に金百封ぐらい渡してくださーいという素晴らしいキャスティングでしたよ🙆‍♂️🙆‍♂️

目次

作品情報

【2018年作品】

【原題】The Front Runner

【上映時間】113分

【ジャンル】ドラマ

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

ジェイソン・ライトマン(『ゴーストバスターズ/アフターライフ』)

【出演】

ヒュー・ジャックマン(『X-Men』シリーズ、『グレイテスト・ショーマン』)

ヴェラ・ファーミガ(『死霊館』『ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ』)

J・K・シモンズ(『セッション』)

アルフレッド・モリーナ(『スパイダーマン2』)

作品解説・あらすじ

「グレイテスト・ショーマン」「X-MEN」シリーズのヒュー・ジャックマンが、スキャンダルにより失脚した実在の政治家ゲイリー・ハートを演じるドラマ。監督は「マイレージ、マイライフ」「JUNO ジュノ」でアカデミー賞にノミネートされたジェイソン・ライトマン。1988年アメリカ大統領選挙。ゲイリー・ハート上院議員は、史上最年少の46歳で民主党の大統領候補となり、予備選で最有力候補として一気に躍り出た。その若さからジョン・F・ケネディの再来と称され、大衆からも愛されていたハートの状況を一変させる出来事が起こる。アイアミ・ヘラルド紙の記者が入手したハートに関する「ある疑惑」。このスキャンダルが一斉に報じられたことで、ハートの支持率は急落し、予備選の当落線上から姿を消すことになってしまう。

映画.com

『フロントランナー』の感想

おヒュー自身が政治家に向いているのでは??

清廉潔白、語る言葉は人々の心に響く、大統領候補最有力!!

そんな、ゲイリー・ハート氏を演じるのはヒュー・ジャックマン!!

ヒュー・ジャックマン本人のイメージが良いからこその素晴らしいキャスティング!

ヒュー・ジャックマンのスキャンダラスな話って聞きませんもんね?

語る言葉は力強いし、説得力を感じます☺️☺️

あでもヒュー・ジャックマンが演じる役としては『グレイテスト・ショーマン』に続いて女にだらしないな…🙄🙄

とはいえ、本作で注目すべきはゲイリー・ハート氏のスキャンダルと言うよりかは、

メディアの報道姿勢のあり方について考えさせられる作品でした🤔🤔

これは私の個人的な思いというか考え方なんですけど、メディアって自分達が大正義と思ってる節ありません??

自分達の行動は全て正しく、認められているものだと思ってる節ありません?🤔🤔

この作品で出てくるマスコミはそれそのものだと感じました!

ネタが欲しけりゃ人のプライバシーなんて関係ねぇ!

尾行上等!!裏取りできてなくてもバンバン流しまっせ〜という良くないメディアのあり方だと思いましたね😔😔

現代メディアのあり方について考えさせられることは多々あるのですが、この時代からメディアの立ち振る舞いって変わってないのかもしれませんね…。

政治家が政治家としての能力ではなく、スキャンダラスな部分ばかりクローズアップされて失脚するというのは残念なのでは??

清廉潔白でやましいことが何も無いのがそりゃベストですが、

スキャンダルばかり嬉々として報じる姿勢は褒められたものじゃないと思いますよ👊👊

オススメ度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる