【映画】『リベンジ・ターゲット 狙われた女子大生:キャスリン目当てで観ましたけれども…

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!!

キャスリン・ニュートン主演『リベンジ・ターゲット 狙われた女子大生』です💁‍♂️💁‍♂️

『名探偵ピカチュウ』で大ブレイクしたキャスリン・ニュートンの、ブレイク前の主演作ですね🙌

目次

作品情報

【2016年作品】

【原題】A Housekeeper’s Revenge

【上映時間】83分

【ジャンル】スリラー

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

ダリン・スコット

【出演】

キャスリン・ニュートン(『名探偵ピカチュウ』)

フェイ・マスターソン

ケントン・デューティ

トム・メイデン

あらすじ

女子大生のローラは下着姿のビラをキャンパスにばら撒かれ、元カレのベンの嫌がらせに違いないと抗議。ベンは一貫して否定するものの、ローラはまったく信じられず、怒りと悔しさですっかり気落ちしていた。そんな折、父親の再婚の結婚式のために実家へと戻ったローラは、新たに雇われた家政婦のコリーンと初対面する。不祥事を起こした前の家政婦に代わりやって来た彼女は、父親の再婚相手と少し距離を置きたいローラに何かと気を遣ってくれた。そんな見た目も優しい彼女だったが、一人息子を交通事故のひき逃げで失っていた。

TSUTAYA

『リベンジ・ターゲット 狙われた女子大生』の感想

映画自体は退屈の極みなのでオススメしません!

『名探偵ピカチュウ』であまりの可愛さにキャスリン・ニュートンにすっかり心を奪われてしまった身ですので、

へー!こんな映画あったんや!と飛びついてしまったは良いものの、

こんな退屈な映画世に出してはいけない!と思ってしまう酷い出来でした😂😂

謎の嫌がらせを受け続ける主人公をキャスリン・ニュートンが演じるのですが、

キャスリン・ニュートンは100点満点です🙆‍♂️🙆‍♂️

もう存在そのものが満点ですので🙆‍♂️

そんなキャスリン・ニュートンが主演でも厳しい作品です😞😞

原題の『Housekeeper’s Revenge』の字の通り、本作は家政婦があの手この手で主人公へ復讐してきます。

でもどうして?復讐されるようなこと何もしてないのに??

この、なぜこの家政婦は執拗に主人公に嫌がらせし、狙い続けるのかってポイントなのですが、

全ての真相が明らかになっても全くスッキリしない!!

理由がとんでもなさすぎて、吐き気のする無茶苦茶な映画でした😫😫

純粋に、この設定で映画組んじゃダメだろうと…🙄

主人公にまじで落ち度ゼロなので、家政婦が復讐しようが何しようが共感度もゼロ。

ただただ可愛いキャスリン・ニュートンを拝むことは出来ますが、映画の内容自体は1ミリも面白くならないどころか、

ただただ陰キャって気持ち悪いなぁとしか思えない出来ですので、

誰に向けて何を見せたいのかさっぱり意味不明な作品でした😞😞

多分売れっ子になった今のキャスリン・ニュートンならこんな映画のオファーも来ないのでしょうが、

売れっ子になる前の作品ということで、こういう怪しい映画にも出演してたんですね…。

キャスリン・ニュートンは100点満点ですが、映画は0点です🙆‍♂️🙆‍♂️

キャスリンが可愛ければそれでよし!と思える方だけが観るべき作品です🙆‍♂️

面白みがひとつも感じられない作品でした👊👊

オススメ度☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる