【映画】『Mr.ノーバディ』を観た!!ジョン・ウィックの魂はここにも宿っていた!!

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

期待の新作『Mr.ノーバディ』を観てまいりました💁‍♂️💁‍♂️

6月に入ってドンドコ期待していたハリウッド映画が公開されています。

土日がしばらく映画館が開いていなかったので、限られた時間でどれを観に行くか迷いますねぇ😂😂

作品解説・あらすじ

一見してごく普通の中年男が、世の中の理不尽に怒りを爆発させて大暴れし、やがて武装集団やマフィアを相手に激しい戦いを繰り広げる姿を描いた痛快ハードボイルドアクション。「ジョン・ウィック」の脚本家デレク・コルスタッドと製作デビッド・リーチが再タッグを組み、人気テレビシリーズ「ベター・コール・ソウル」の主人公ソウル・グッドマン役で知られるボブ・オデンカークが主演を務めた。郊外にある自宅と職場の金型工場を路線バスで往復するだけの単調な毎日を送っているハッチは、地味な見た目で目立った特徴もなく、仕事は過小評価され、家庭では妻に距離を置かれて息子から尊敬されることもない。世間から見ればどこにでもいる、ごく普通の男だった。そんなハッチの家にある日、強盗が押し入る。暴力を恐れたハッチは反撃することもできず、そのことで家族からさらに失望されてしまう。あまりの理不尽さに怒りが沸々とわいていくハッチは、路線バスで出会ったチンピラたちの挑発が引き金となり、ついに堪忍袋の緒が切れる。監督は「ハードコア」のイリヤ・ナイシュラー。共演に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリストファー・ロイド、「ワンダーウーマン」のコニー・ニールセンほか。

映画.com
目次

『Mr.ノーバディ』の感想

舐めてたアイツは実は…映画はまだまだ終わってない!!

リーアム・ニーソン主演『96時間』、キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』。

この辺りで確立された、舐めてたアイツは実はとんでもねぇ殺人マシーンだった!!!映画の一角として公開された本作。

個人的にはこのタイプの映画は大好きなのですが、本作の脚本はまさに『ジョン・ウィック』の脚本のデレク・コルスタッドではございませんか🙌🙌

『ジョン・ウィック』の亜種型と言っても過言ではない本作。

違うのは、今作の主人公は殺し屋ではありません。

どこにでもいる家庭持ちの男。

そんな男も、キレる!!

実際のところ、本当の本当にそこらにいるただの男、ってわけではありません。

流石に昔はちゃーんと特殊任務に従事していた工作員です😂

でも今となっては誰がどう見てもただのおっさんですからねぇ。

本当にそんな戦闘力あるの??と思える風貌なのが何より味があっていいですねぇ🤗🤗

主演のボブ・オデンカークは日本では映画よりもドラマ人気の方が高いのでしょうか🤔🤔

海外ドラマはあまり観ないので初めましての俳優でしたが、いいですね🤗🤗

どこまで本人が演じているかはわかりませんが、60近い歳にしてキレキレアクション!

演出もバッチリキマっていて新たなアクション映画の金字塔を打ち立てました!!

『ジョン・ウィック』シリーズと似た雰囲気の仕事人感は溢れ出ていたので、

ジョン・ウィックが暗殺稼業やってる同じ時間軸でこういう人間もいると思って観るとさらに楽しいです🤗

父役のクリストファー・ロイドや、兄弟役のRZAもめちゃくちゃいい味を出していたので、

これは続編大待望ですね🤗🤗

満足度★★★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる