【映画】『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』を観た!!ジャスティン・リンってここまで雑な監督やっけ…

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

1昨年公開が延期されてから年以上待ちに待った新作が公開されました!

シリーズをメガヒット作へ導いたジャスティン・リンが監督に復帰した最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』を観てまいりました💁‍♂️💁‍♂️

このシリーズは一番好きなのはSKY MISSION、一番面白いのはMEGA MAXという構図がなかなか変わりません。

スピンオフ含め10作目となりますが、これ以上派手さを求めるのは難しくなってきているのでしょうか🤔🤔

作品解説・あらすじ

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第9作。ドミニクはパートナーのレティや幼い息子ブライアンと3人で平穏な日々を過ごしていたが、否応なく自身の過去の罪と向き合うことに。ドミニクの実の弟ジェイコブの存在が初めて明かされ、その因果はファミリーを窮地に追い込んでいく。ファミリーは世界を揺るがす陰謀を阻止するため、凄腕の殺し屋で超一流の運転技術を持つジェイコブとの戦いに身を投じる。ビン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソンらおなじみのメンバーに加え、「ワイルド・スピード ICE BREAK」に登場したシャーリーズ・セロン扮する悪役サイファーや、サン・カンが演じるハンも再登場。さらに新たな敵となるドミニクの弟ジェイコブ役でジョン・シナが参戦。監督には、シリーズ第3作から第6作を手がけたジャスティン・リンが復帰した。

映画.com
目次

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の感想

誰でも彼でも復活させりゃいいってもんでは無い

ジャスティン・リン監督が復帰ということで、一番面白さが加速していた頃の監督なのでこれは期待できるという反面、

メインキャストのポール・ウォーカーが死去してしまって迎えた8作目は明らかに勢い自体は衰えていましたから、

この9作目はどう展開するかはかなり注目でした。

しかも、シリーズには欠かせない主要キャストのドウェイン・ジョンソンは今作から不在となっているのも不安要素大。

更に更に、EURO MISSIONの後の時系列、TOKYO DRIFTで死亡したハンが実は死んでいなかった!!な、強引な展開も用意されているので、

久しぶりの新作ですけど、実は不安要素の方が大きいぐらいなんですよね(笑)

で、結果から言えば、面白かったですよ。

充分満足に足る作品ではありましたよ🙆‍♂️🙆‍♂️

なのですが、なのですがですよ。

やっぱり不安としていた部分が完全に的中する形になっていました…。

まず、あまりにも強引と言えるハンの復帰について、個人的にはこれはやっちゃダメだなぁと思いますよ🤦‍♂️🤦‍♂️

死亡した場面が映っていないキャラは後でなんとでも復活できるシリーズではありますけれども、

これをやってしまうと、ジェイソン・ステイサムが演じた悪役デッカード・ショウがめちゃくちゃ間抜けに見えるじゃないですか。

ドヤ顔で始末した相手が実は生きてました…なんてめちゃくちゃ間抜けですよ…。

しかも、これ別にハンを復活させないといけない理由がこれっぽっちも見つからなかったですからね🤔🤔

ふとりあえず人気キャラや復活させとけ!!なんて安易な考えがチラつきましたよ…🤦‍♂️🤦‍♂️

後付けの兄弟設定でファミリーを押しすぎ…

ハンの復活もどうかと思う中、今作の目玉悪役はジョン・シナが演じました。

演じるのはドムの弟ジェイコブ。

いやぁ、いきなり弟なんて登場されてもねぇ…。

一応今まで登場してなかったのも分かるように、整合性の取れた設定にはしてありましたけど、

ファミリーで押してたシリーズなので、ここでも実の家族を登場させてどうのこうのにしているんでしょうけど、

別にわざわざ弟じゃなくてもなぁ…。

しかも、せっかくのジョン・シナが登場なのにドウェイン・ジョンソンは不在。

ジョン・シナvsドウェイン・ジョンソンの筋肉の殴り合いが見たかった!!!

ドウェイン・ジョンソンはメインシリーズの方には復帰しないって明言しちゃってるので、筋肉枠としてジョン・シナを使えるようにのキャスティングかもしれませんけどね🤔🤔

弟だったら味方になっても違和感ないですし!!!

そろそろ派手さだけで押し切るのはキツい??

アクション面は、まあこのシリーズのアクションですから、

相変わらず派手なことやってんなぁと😂😂

観てる分には非常に楽しい!

楽しいですが、やっぱりちょっといくとこまでいったって感じがしてまして、

これ以上派手さだけで押し切るのはキツくなってきたなぁと思います。

カーアクションとしての最高峰だったのって5作目のMEGA MAXだったと思うんですよね。

そしてあれも大概現実離れはしてますけど、ギリギリのところで本当に出来るかもしれないってリアリティラインを死守してたと思うのですよ。

それ以降って派手さだけで押し切ろうとしてませんか??

面白いんです。面白いんですよ。

十二分面白くはあるのですけれども、ちょっと飽きて来てしまうのですよね。

あー、ハイハイそう来るのね?って感じで。

これだけ長寿シリーズなので仕方ない部分はあるとは思いますけれども…。

完結まで2作でどこまで巻き返せるか!!

気になるところが多すぎて、このシリーズの作品としてはちょっと満足度の低い新作でしたが、

あっと驚くカメオ出演もありましたし、なんだかんだ言うても、新作公開して良かったなぁって気持ちでいっぱいですし、

だからこそ、強引さが鼻に付いてしまう部分もどうしても出てきてしまうのかなぁと思います。

常に前作を超え続けるシリーズなんてまあ無理ですしね😂

ただ、元々精密な仕事っぷりの監督ではないジャスティン・リンが復帰で感じた不安がめちゃくちゃ的中してしまった作品でしたので、

あと2作で完結すると言われるシリーズだけにちょっと不安が残る結果となりました。

やっぱりメインキャスト2人も失ったのはシリーズとしてはかなりキツいのかもしれませんね…。

スピンオフのシリーズ展開にも期待ですし、シリーズ完結に向けて、更に頑張って欲しいところです!

⤵︎ ︎ワイルド・スピードとしては低めです。

満足度★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる