【映画】『スペース・プレイヤーズ』を観た!!バスケよう知らんけどって人も大丈夫!

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

1ヶ月ぐらい遅れて感想記事書いてます。

もはやこれ劇場でやってないのでは…

観てきたのは『スペース・プレイヤーズ』です💁‍♂️💁‍♂️

マイケル・ジョーダン主演の『スペース・ジャム』の続編ですね!

続編とはいえ、主演も変わって全く別物ですが🤔🤔

作品解説・あらすじ

人気バスケットボールプレイヤーのマイケル・ジョーダンとアニメキャラクターが共演して話題を集めた「スペース・ジャム」(1996)に続き、NBAの人気バスケットボール選手レブロン・ジェームズが主演を務め、ワーナー・ブラザースの歴代の作品やキャラクターたちと共演したアドベンチャー映画。バーチャルワールドを舞台に繰り広げられる究極のeスポーツバトルを、実写とアニメの融合で描く。バスケットボール選手のレブロンとゲーム開発を夢見る息子ドンは、映画会社ワーナー・ブラザースのAIスーパーサーバー「無限バーチャル・ワールド」の中に迷い込んでしまう。そこには、「ルーニー・テューンズ」のバッグス・バニーやトゥイーティーといったアニメキャラクターや、バットマン、キングコングなどの映画キャラクターたちが暮らしていた。レブロンははぐれた息子と再会するため、究極のeスポーツバトルに参戦する。共演は「アイアンマン」シリーズのドン・チードル、「スパイダーマン」シリーズのゼンデイヤ。「ガールズ・トリップ」のマルコム・D・リー監督がメガホンをとった。

映画.com
目次

『スペース・プレイヤーズ』の感想

お手軽ながら、堅実に泣かせてくるファミリームービー

大人気アニメ『ルーニー・チューンズ』のキャラが実写映画とコラボして大暴れ!!

これだけでもちょっと気になる雰囲気はプンプンですよね🤗

イオンシネマがワーナーマイカルシネマだった時代、そういや『ルーニー・チューンズ』のキャラ達が前説やってたっけなぁ🤔🤔

あめちゃくちゃ懐かしい時代ですがあの時代の映画館好きだったなぁ😂😂

そんな彼らがバスケで大暴れ!!

バスケ界のスーパースター、レブロン・ジェームズを主演に迎えて送る本作は、バスケの細かいルールなんて知らなくてもええんやで!!みんな観てや〜というパワー溢れる作品でした。

何せそもそもアニメとコラボですし、今作ではシンプルなバスケではなく、色々ルールの違うゲームのバスケです。

なのでバスケのルールを知らなくても十分楽しめる作品ですし、

バスケが作品のテーマってわけでもありません🙋‍♂️

それを通じて描かれる親子愛がテーマですので、めちゃくちゃファミリー向け🙆‍♂️🙆‍♂️

なファミリー向けなのにんでこんなに売れなくてそうそうに上映打ち切られてしまったんだ😭😭

ビジュアルでもめちゃくちゃ楽しめる作品でしたし、泣きポイントを十二分に抑えてる作品でしたし、

ザ・万人向け!!

万人向けですが、決して平均点な作品ではなく、飛び抜けるところは飛び抜けてるので、

笑いあり涙ありでめちゃくちゃ楽しい作品です🙆‍♂️🙆‍♂️

もう劇場では観ることは出来ませんが、レンタル開始の際には是非ともご鑑賞あれ🙋‍♂️

満足度★★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる