【映画】『劇場版 アーヤと魔女』を観た!!ジブリのCGアニメもいけるやん!!

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

珍しくジブリ作品を劇場鑑賞してきました!

『劇場版 アーヤと魔女』です💁‍♂️💁‍♂️

そういや前に短編集は劇場鑑賞した気がするけど、長編作品は初です🤔

『もののけ姫』リバイバルは観に行ったけど新作ではないしな🤔🤔

作品解説・あらすじ

「ハウルの動く城」の原作でも知られるダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童文学を、スタジオジブリが同社初の長編3DCGアニメとして映像化。1990年代のイギリスを舞台に、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女と暮らすことになる姿を描く。孤児として育った10歳のアーヤは、なんでも思い通りになる子どもの家で何不自由なく暮らしていたが、ベラ・ヤーガと名乗るド派手な女とマンドレークという長身男の怪しげな2人組に引き取られることに。魔女だというベラ・ヤーガは手伝いがほしかったからアーヤを引き取ったと言い、魔法を教えてもらうことを条件にアーヤはベラ・ヤーガの助手として働きだすのだが……。宮崎駿が企画し、宮崎吾朗が監督を務めた。主人公アーヤの声を若手女優の平澤宏々路が担当するほか、寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳らがキャストとしてそろう。2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション作品。2020年12月30日にNHK総合で放送。2021年には、テレビ放送版に一部の新カットなどを追加した「劇場版 アーヤと魔女」として劇場公開。

映画.com
目次

『アーヤと魔女』の感想

本当にこのラストでオッケーと思ってゴーサイン出したんですか…

ジブリ映画としては初のCGアニメーション作品です!

流石にディズニークラスのCGアニメと比べると、CGのクオリティは若干下がりますが、十分戦えるレベルだと思いました🙆‍♂️🙆‍♂️

が、問題はストーリーの方ですかねぇ🤔🤔

全体的なストーリー運びとしては、クソ生意気なアーヤがめちゃくちゃ怖〜い魔女のところに引き取られて、

日常でコキ使われながら成長していくコメディちっくな作品です。

まあこれは本当に割と日常を描いてるだけのような作品なので、特段大きな動きがあったりもせず、

あんまり魔法って題材が上手く生きてるとは思えないんですが、それでもそこそこは観れるんですよ。

ただ、ラストに唐突に動きがあったかと思いきやそこでぶった切られてエンドロール😳😳

話が何も解決しとらんやんかー!!!😟😟

の面白かったとか面白くなかっの前に、完結した感が全くない🤦‍♂️

全くないけどこれ別に続編が用意されてるわけでもなく、ぶった切られたラストはあれが正当なラストなんですよね…えぇ😟

終わりよければすべてよしなんて言葉もありますが、

おこれは全く真逆で終わりこれやと全くあかんやろ…という作品でした。

終わり方が意味わからなさすぎるので、本編中の魔女とのやり取りとか、こっそり学んだ魔法とか、本当に意味無いものになってまして、

本当になんでこんなことになってしまったのか…。

本当にこの脚本でオッケーやったんですか…🤦‍♂️🤦‍♂️

昔はジブリと言えば新作が出れば大ヒット間違いなしでしたが、最近はちょっと苦しいなぁ…。

もう復活できないんでしょうかね…😞😞

満足度★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる