【映画】『サロゲート』感想:思えばこの辺まではちゃんと仕事しとったんやなウィリス!!

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!

ブルース・ウィリス主演『サロゲート』です💁‍♂️💁‍♂️

『ダイ・ハード4.0』の次の主演作品ということで、割と注目度も高かったように思います。

私も当時レンタルではありますが鑑賞してましたねぇ〜。

何となく久しぶりに観たくなって再鑑賞です🙋‍♂️

目次

作品情報

【2009年作品】

【原題】Surrogate

【上映時間】89分

【ジャンル】SF

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

ジョナサン・モストウ(『ターミネーター3』)

【出演】

ブルース・ウィリス(『フィフス・エレメント』)

ラダ・ミッチェル(『サイレントヒル』)

ロザムンド・パイク(『アウトロー』)

ジェームズ・クロムウェル(『ソルジャーズ・アイランド』)

作品解説・あらすじ

ブルース・ウィリス主演のSFサスペンス。遠隔操作可能なロボット・サロゲートが人間の役割を代行する未来。人は自宅から1歩も出ることなく、自分の理想の姿をしたサロゲートの行動をバーチャルで体験していた。だがある日、安全だと思われていたバーチャル世界で何者かにサロゲートが破壊され、そこに接続していた人間までもが死亡してしまう。監督は「U-571」「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。

映画.com

『サロゲート』の感想

この映画が言うてるほどサロゲートって魅力的か??

安全・安心、かつ自分より優れた能力も付けられるし、優れた容姿にも設定できる遠隔操作型ロボット「サロゲート」👏👏

ほーん、なるほどなぁ🤔🤔

全人口の98%はサロゲートを使っているので、本人は全く家から出ることなく社会活動を行うことが出来るということで、

設定はよーくわかったけれども、果たして本当に98%もの人がそんなに魅力に感じますかねこれ🤔

こういう遠隔操作型のロボットって、いかにも近未来です!!って設定なので、個人的にそれは結構好きなのですが、

やっぱりなんか不気味ですよね〜😂

今目の前にいる人も生身ではなくロボットだし、まあ自分もロボットですし、

こうなってくると、イケメン美女の見た目をしていても、本当の本人はどんな容姿か分かりませんし、性別すら分かりませんし、

これ本当にそんなのが楽しいのか!?なんて思ってしまいますねぇ😂😂

安全・安心を謳っていながら、操作してる本人が殺害されるという事件を発端に刑事ブルースが奮闘します!

フサフサ金髪ブルースが観られるのは本作👏👏

けどフサフサ金髪ブルースより、坊主頭に髭面ブルースの方が圧倒的にかっこいいんだよなぁ😂

この時点でも、サロゲートなんて要らんやろ!!と思ってしまう私なのでした…😂

一応アクションもありますし、何よりちゃんと主演として仕事をしているブルース・・ウィリスが見られるのは嬉しかったりするのですが、

ストーリー面はもう一息という所でしょうか🤔

やっぱりサロゲートってそんなにええもんですか??と思ってしまうあたり、この映画を観るのには不向きだったのかもしれません😂

設定の部分から躓いてますからね😂

オススメ度★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる