【映画】『ザ・ビースト』感想:圧倒的にビースト要素が足りてねえんよ!!!

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!!

ニコラス・ケイジ主演『ザ・ビースト』です💁‍♂️💁‍♂️

最近のニコラス・ケイジはこういう怪しい映画ばっかり出てるなぁ😂😂

目次

作品情報

【2019年作品】

【原題】Primal

【上映時間】97分

【ジャンル】アクション

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

ニコラス・パウエル

【出演】

ニコラス・ケイジ(『ゴーストライダー』)

ケヴィン・デュランド(『PMC:ザ・バンカー』)

ファムケ・ヤンセン(『X-MEN』シリーズ)

マイケル・インペリオリ

作品解説・あらすじ

ニコラス・ケイジ主演によるサバイバルアクション。猛獣ハンターのフランクは、ブラジルのジャングルで希少なホワイトジャガーの捕獲に成功し、プエルトリコに向けて出港する。船倉の独房には、かつてアメリカ特殊部隊の暗殺者だった異常殺人鬼ラフラーが収監されていた。カリブ海を航行中、ラフラーが監視員を殺害して逃亡。ホワイトジャガーやアナコンダの檻も破壊され船内がパニックに陥る中、フランクは女医エレンとともに危険な戦いに挑む。共演に「X-MEN」シリーズのファムケ・ヤンセン。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画.com

『ザ・ビースト』の感想

ビースト要素が申し訳程度にしか機能してませんでした🤔🤔

ニコラス・ケイジが演じる猛獣ハンターが護送中の超スーパーハイパーヤバヤバ殺人鬼と御一緒しちゃってさあ大変!!

ニコケイ一体どうなるの〜〜😱😱

という作品です🤔🤔

猛獣ハンターということで、めちゃくちゃアニマルモリモリな作品ではあるのですが、

アニマルたちいなくてもあんまり影響なさげなのが悲しい😢😢

めちゃくちゃ凶暴なホワイトジャガー🐯とか、めちゃくちゃ凶暴なモンキー🐵達とか、やっべぇ猛毒を持ったヘビ🐍さんとか、

もっとこの子らを使ってあげてよ!!!って言いたくなるぐらい、

メインは護送中の殺し屋が脱走してしまってさあ大変な展開でした😂😂

いや〜〜まさかこのタイトルで実はビースト要素薄いんですって展開はやめてほしかった!!😭

ニコラス・ケイジはこういう低予算映画が似合うようになってきました!

猛獣ハンターですが、元軍人ということもあり銃の扱いはなんのその。

動きは全盛期より鈍ってますが、いやいやまだまだやれますよ🙆‍♂️🙆‍♂️

もうちょっと痩せてくれると嬉しいんですけどね😂😂大作アクション映画にカムバックしたら痩せてくれるのか??

悪役の殺し屋を演じたケヴィン・デュランドもめちゃくちゃ良い顔してました✌️✌️

めこの人悪役の時はちゃくちゃ悪い顔するんですよね〜😂

変わらぬお美しさのファムケ・ヤンセンもgood✌️

密室での殺人鬼と捕まえる側の戦いという面で見れば、思ったより飛び抜けた印象もなく、真面目な作品だなぁとは思いましたが、

いかんせん登場人物のほとんどが結構アホっぽいのが致命的でした🤦‍♂️

タイトル的に猛獣たちがもっと大暴れしてくれる飛び抜け感があればもっと面白かったような気もしますね🤔

オススメ度★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる