映画『ハドソン川の奇跡 』感想:結果ありきで人を疑ってはいけない

感動の実話の裏に隠されていた壮絶な実話。

2016年作品   96分
原題:Sully
ジャンル:ドラマ 製作国:アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ホルト・マッキャラニー、アンナ・ガン、他


あらすじ 2009年にニューヨークで旅客機がハドソン川に不時着し、世界中で大きなニュースとなった奇跡の生還劇に秘められた知られざる実話を、「ミリオンダラー・ベイビー」「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて映画化した感動ドラマ。離陸直後に両翼のエンジンが止まってしまう非常事態の中、サリー機長が瞬時の冷静な判断と卓越した操縦テクニックで、乗客乗員155人全員の命を救うまでの緊迫の一部始終と、その後の“英雄”サリーを待ち受けた過酷な試練の行方を描く。共演はアーロン・エッカート、ローラ・リニー。
2009年1月15日。乗員乗客155人を乗せた旅客機が、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後に鳥が原因のエンジン故障に見舞われ、全エンジンの機能を失ってしまう。機体が急速に高度を下げる中、管制塔からは近くの空港に着陸するよう指示を受けるが、空港までもたないと判断したチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長は、ハドソン川への不時着を決断する。そしてみごと機体を水面に着水させ、全員の命を守ることに成功する。この偉業は“ハドソン川の奇跡”と讃えられ、サリーは英雄として人々に迎えられた。ところがその後、サリーの決断は本当に正しかったのか、その判断に疑義が生じ、英雄から一転、事故調査委員会の厳しい追及に晒されるサリーだったが…。 <allcinema>

オススメ度★★★★☆

クリント・イーストウッドはいつまで映画を作り続けるのだろうか。
アメリカン・スナイパーで衝撃の実話を映画化した彼が次にメガホンを取ったのがこちら。
USエアウェイズ1549便不時着水事故、通称「ハドソン川の奇跡」だ!


正直、クリント・イーストウッドとトム・ハンクスのコンビとか、コケる要素あらへん。
しかも副機長のスカイルズ役にはアーロン・エッカート。
こんなもん面白いに決まっとるやんけ…
そう、そういう映画よ(・∀・)
邦題はわかりやすーく「ハドソン川の奇跡」。
すごい…わかりやすさがすごい…。
一方原題はSullyでナンノコッチャ。
これはサレンバーガー機長の愛称なのですね。
このわかりやすい邦題も功を奏してか、ここ日本でもスマッシュヒットを記録したわけです。
内容も良かったしね(・∀・)
乗客全員の命を救った英雄として讃えられたサリー機長でしたが、その裏側では国家運輸安全委員会による厳しい追及の嵐に遭ってました。
デンゼル・ワシントン主演の「フライト」を思い出しますな🤔
あっちは完全にクロでしたが🤔


国民的英雄の裏側を描いた作品でしたが、こういう映画がないと、なかなか見られない仕組みですからね。
墜落した後はこういう風に調査が進められるのか~なんて思いながら、
さすがに過失と決めかかって調査するあたり、恐ろしい仕組みだなーと思うわけです。
まあ、こういうのは結果ありきで調査が進められるものですわな(´・ ・`)
名監督×名優のコンビに惹かれただけでも、この映画を観る十分な動機になるってもんですね😆😆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる