【映画】『RAMPAGE 巨獣大乱闘』感想:巨獣並にタフなドウェイン

2018年 107分

原題:RAMPAGE

ジャンル:アクション/アドベンチャー

製作国:アメリカ

監督:ブラッド・ペイトン(ドクター・エクソシスト、カリフォルニア・ダウン)

出演

ドウェイン・ジョンソン(ワイルド・スピード/スーパーコンボ、スカイスクレイパー、ヘラクレス)

ナオミ・ハリス(サウスポー、007スカイフォール)

マリン・アッカーマン(殺しのナンバー、ウォッチメン)

ジェフリー・ディーン・モーガン(ルーザーズ、ウォッチメン)

ジョー・マンガニエロ(サボタージュ、マジック・マイク)

 

あらすじ

 往年の人気アーケードゲームを原作に、遺伝子実験の失敗で普通の動物たちが次々と巨大化、凶暴化して街中で大乱闘を繰り広げるさまをドウェイン・ジョンソン主演で描くアクション・アドベンチャー。共演はナオミ・ハリス、ジェフリー・ディーン・モーガン。監督は「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
 宇宙空間で非合法に行われていた遺伝子実験でトラブルが発生し、動物たちを巨大化させるウイルスが地球に降り注ぐ。それを浴びた白いゴリラのジョージが突如巨大化し、彼と意思疎通できる霊長類学者デイビスは相棒の変貌に驚嘆する。一方、同じウイルスを浴びたオオカミとワニもみるみる巨大化し、大都会を舞台に問答無用の恐るべき破壊行為を繰り広げていくのだったが…。

<allcinema>

 

巨獣と対等にやり合ってるドウェインが一番怖いわ

どうも、クラウンです(・∀・)

ゲームが原作の映画は売れにくい。

これ、映画業界で散々言われ続けてきました。

実際、ゲーム原作映画ってめちゃくちゃ面白そうなのに全然売れないケースも多々。

面白い映画ももちろん多いんですけどね。ゲームのファン層以外をなかなか取り込めない🤔🤔

さて、これゲームが原作なの!?と一見驚きのランペイジですが、

破壊力に満ちたドウェイン・ジョンソン様らしさ溢れるスーパーアクションムービーに仕上がっておりました!😆

そもそも、その筋肉量で、元特殊部隊とかで、今はゴリラと意思疎通ができるって、

なんだその有能なスキルは!!!!!!

もはやドウェイン・ジョンソンにはなんでもありなキャラ付けできるなぁ🤔

ジュマンジとほぼ同じような服装をしてますので、

画像だけ見たら背景が森だったらどっちがどっちのドウェイン・ジョンソンかわからん(´ω`)

予告編から巨大した動物が大暴れということもあって、劇場公開時には本当にワクワクしましたよね。

本当にありがてぇ…ありがてぇよ…😭😭

という、非常にありがたみのある大暴れを見せつけてくれております。

もちろん、ホームシアターを持っている稀有な方以外は普通サイズのテレビでの鑑賞ですので、

やっぱり映画館の迫力に比べると寂しいなぁと思わなくもないですが、

それでもド迫力なシーンに唸らせられます😆

ワニがビルを破壊しながら登ってたり、狼が空を飛んだり、進化とは素晴らしいものだなと思いながら、

破壊力のノリがマイケル・ベイのトランスフォーマー感がありましたね。

監督はブラッド・ペイトン。

ドウェイン・ジョンソンとは『カリフォルニア・ダウン』『センター・オブ・ジ・アース2』でコンビを組んでいますね!

このコンビ映画なら間違いがない!

そして、ブラッド・ペイトンに金を渡しておけば間違いのない映画を作ってくれますね(・∀・)

今年もヒットメーカー爆進中のドウェイン・ジョンソンですが、

映画の設定がそもそもトンデモ設定なので影が薄れがちですが、撃たれても割と元気に暴れ回っています。

もう巨大化した怪獣よりもドウェイン・ジョンソンの方が怪獣感ありますよね(´ω`)

下手に続編映画ってわけでもないし、

ドウェイン・ジョンソン主演やし、

とにかく金はかかってるし、

パッと観て、サッと楽しめる映画ってこういう映画ですよね😆😆😆

予備知識不要ですので、とにかく金のかかったブロックバスター映画を観たい方はぜひとも(・∀・)

 

オススメ度★★★★☆

Author: クラウン

コメントを残す