【映画】『大脱出2』感想:やっぱり何から何までへんてこな映画だな

2018年作品 97分

原題:Escape Plan 2:Hades

ジャンル:アクション

製作国:アメリカ

監督:スティーヴン・C・ミラー (キング・ホステージ、エクストラクション)

出演

シルヴェスター・スタローン (大脱出、クリード 炎の宿敵)

デイヴ・バウティスタ (ファイナル・スコア、ブレードランナー2049)

ジェイミー・キング (シン・シティ、ベアリーリーサル)

ホアン・シャオミン (ラスト・シャンハイ)

カーティス・ジャクソン (ザ・アウトロー、サウスポー)

 

 

あらすじ

 シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの2大アクション・スターの共演で話題となった「大脱出」の続編。スタローン扮する脱獄のプロ、ブレスリンが、収監された仲間を助けるために、再び難攻不落の監獄に挑む姿を描く。シュワルツェネッガーに代わる新たな相棒には「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のデイヴ・バウティスタ、共演に「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン。監督は「マローダーズ/襲撃者」「エクストラクション」のスティーヴン・C・ミラー。
 世界で唯一の脱獄のプロ、ブレスリンが大海原に浮かぶ監獄要塞に挑んでから数年後。警備会社を営む彼は、スタッフの一人であるシューが姿を消し、“ハデス”と呼ばれる監獄に囚われたことを知る。そこは全てがコンピューター制御で管理された最強セキュリティの監獄だった。ブレスリンは仲間を救い出すため、かつての友人デローサに協力を求め、難攻不落のハデス攻略に挑むのだったが…。

<allcinema>

 

 

シュワルツェネッガーは忙しかったんですか!?

どうも、クラウンです(・∀・)

今年は『大脱出』シリーズが2も3も日本で劇場公開される素晴らしい年になりました!

3公開ということで、久しぶりに2も鑑賞ですよー!

久しぶりと言っても数ヶ月ぶりぐらいだけれども🤔🤔

『大脱出』のシリーズ1作目は、シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーが脳筋アクションだけじゃない!

俺たちは頭だって使えるんだぞ!!という頭脳派なところを見せてスマッシュなヒットを記録しましたが、

2作目から雲行きが怪しくなってくるんですよね🤔

そもそも『大脱出』なのに牢獄にいる時間が圧倒的に短い🤔

アーノルド・シュワルツェネッガーを出せ!!ってめちゃくちゃ言いたいところなんですが、

一応変わりにアクション俳優のデイヴ・バウティスタを起用していますので、

まだ我慢できるっちゃ我慢できるんですけど、

よくよく見たら本当に出番少ないな😂😂

なんならバリバリ主演に見せかけてスタローンですら出番が少ない😂

本当にこれでいいの??

頭脳派アクション映画の肩書きを捨てるなら、せめてスタローン×バウティスタの超絶アクション映画で行こうぜ!

もはや誰が主演か分からない、不思議な不思議なアンバランス映画🤔

今どき電気拷問でやっすいCGビリビリさせる映画も珍しいでな(´・ω・`)

監督のスティーヴン・C・ミラーは低予算ながら良作を作れる監督だなと思っていただけに、

『大脱出2』は謎の迷走で突っ走てしまった本当に謎な作品でした。

これ、監督が悪いのか脚本が悪いのかどっちなんやろね🤔

 

まだまだ俺たちの戦いはここからだ!!で見事に3作目にバトンタッチしたラストでしたが、

果たして3作目は3部作の完結編として見事に締めくくってくれるのでしょうか!、

それとも果たしておふざけがすぎた2作目はなかったことになってしまうのでしょうか!

次回は『大脱出3』を紹介します!!

先に言っちゃうよ、

2に比べりゃかなり出来がよかったさ!!!!

 

オススメ度★☆

Author: クラウン

コメントを残す