【映画】『パージ:アナーキー』感想:すっかり様変わりしたシリーズ第2弾!

どうも、クラウンです(・∀・)

本日紹介する作品はこちら!!

人気シリーズ第2弾『パージ:アナーキー』です💁‍♂️💁‍♂️

前作はイーサン・ホーク主演のワンシチュ映画となっていましたが、

大ヒットを記録して予算アップの第2弾は、パージの設定を存分に活かした作品となっていました💁‍♂️

目次

作品情報

【2014年作品】R15+

【上映時間】103分

【原題】The Purge:Anarchy

【ジャンル】サスペンス/ホラー

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

監督・キャスト概要

【監督】

ジェームズ・デモナコ『パージ』シリーズ

【出演】

フランク・グリロ『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』『バトルフロント』

カーメン・イジョゴ『エイリアン:コヴェナント』『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

ザック・ギルフォード『ラストスタンド』

エドウィン・ホッジ『パージ』シリーズ

作品解説・あらすじ

「1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」という法律「パージ」により、無法地帯と化した状況下の恐怖を描いた全米ヒット作「パージ」の続編。「パージ」の発令後、車のタイヤがパンクし、逃げ遅れてしまった夫婦。何者かに拉致されそうになったところを武装した1人の男に助けられた貧しい母娘。男は「パージ」の状況下を利用し、息子を事故死させた犯人に復讐を企てていた。5人は協力し、街からの脱出を試みる。「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの製作ジェイソン・ブラムと「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイが前作に引き続き共同プロデュース。監督も前作からの続投となるジェームズ・デモナコ。息子への復讐を誓う男に「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」のフランク・グリロ。

映画.com

作品の感想

いよいよ舞台は街中へ!!

前作では、イーサン・ホークを主演に、パージの夜にとある一家に起こったパージな出来事を描いていましたが、

主演がフランク・グリロに変わったシリーズ第2弾は、その舞台を街中へと移しています!

これ、めちゃくちゃ大きくてですね、

12時間どんな犯罪も合法でーすなんてぶっ飛びながらも自由度の高い設定を持ちながら、

1作目はちょっと消化不良感があったんですよね。(1作目にしかない良さでもある)

それが今回は完全に街中で人が人を殺しまくってたり、

性犯罪強盗なんでもござれのカオスな状態を存分に描いてくれてますから、

そうそうこれだよコレ!!と思う方もいるのではないでしょうか😙😙

まあ、あくまでもフランク・グリロ演じる主人公がパージナイトに人を殺しに行く途中で逃げ惑う人を無視出来ずに一緒に逃げる話ですので、

主人公が存分にパージを楽しむ様を観たい方はこれまたガッカリするかもしれませんが、

そもそもこのシリーズに主人公が嬉嬉としてパージを楽しむ作品はないんですよね、今のところ。

みんなだいたいパージに巻き込まれる側の人が多いんです。

実は監督やプロデューサーがパージには反対側の立場なのかもしれませんね🤔🤔

そもそもフィクションなので賛成も反対もないのだけれども…。

シリーズとしての繋がりもしっかり残っていた!!

前作はとある一家のお話で、今回は全く関係の無い男が主人公のお話なので、

続編とはいえ全く関係ない作品なのでは??とお思いのあなた!!

というか私もそう思っていたんですけど、実は1作目と2作目はちゃーんと繋がっています!

1作目でイーサン・ホーク一家がパージに巻き込まれる原因となった、誰かに追われていた謎の男。

この顔をよーく覚えておいてもらいたい!!

2作目となる本作でも、非常に重要な場面で登場します。

しかも、パージという制度そのものに対するアンチパージ側の明確な勢力というのがようやく登場します!

そりゃそうだ!パージなんてぶっ飛んだ制度、全員が喜んでるわけがない!!!

1作目ではパージという設定のほんの一部分だけを切り取ったような作品でしたが、

この2作目からぐっとせは世界観広がっているように思います🙆‍♂️🙆‍♂️

低予算らしく、ド派手なアクションがある訳でもないですが、

あくまで生身の人間が一人の人間としてパージの夜を生き抜く話で面白いですね🙆‍♂️🙆‍♂️

感想まとめ

パージってよく聞くし気になるなぁという方が、まさか2作目の本作から観るなんてことはないでしょうが、

まあ全くダメだとは言いきれませんが、やっぱり1作目から順番に観てもらいたいですよね。

パージってどんな制度なの?って言うのがわかってから、

パージ制度そのものに対するアンチ勢力や、パージを楽しむ勢力が入り交じってどんどん面白くなってくるのがこの2作目なんです🙆‍♂️

主演に激渋筋肉オジサンのフランク・グリロを起用しているのも本当に憎い!!

パージの夜にこんなおっさん居そうだなぁと思ってしまう絶妙なキャスティングが本当に憎いですわ😂😂

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に出てた頃のキレっキレのアクションを披露する訳ではありませんが、

フランク・グリロにとっての代表作のひとつでもあると思います🙋‍♂️

1作目は1作目の、2作目は2作目の良さがありますよ〜💁‍♂️

オススメ度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる