【映画】『トラップ・ゲーム』感想:申し訳程度にしかバンデラス出んのかい(笑)

どうも、クラウンです(^O^)!

本日紹介する作品はちら!

またもやルボフ・アクショノーヴァに惹かれて観てしまった『トラップ・ゲーム』です💁‍♂️💁‍♂️

ダメですよ!こういう不純100パーセントな映画の選び方したら!!

ダメですからね!言いましたからね!!!

目次

作品情報

【2018年作品】

【英題】Beyond the Edge

【上映時間】101分

【ジャンル】SF/ファンタジー

【製作国】ロシア

監督・キャスト

【監督】

アレクサンドル・ボグスラフスキー(『アビゲイル クローズド・ワールド』)

【出演】

ミロシュ・ビコビッチ(『アンチグラビティ』『バルカン・クライシス』)

ルボフ・アクショノーヴァ(『アンチグラビティ』『ナイト・ガーディアンズ』)

アントニオ・バンデラス(『エクスペンダブルズ3』『ドクター・ドリトル』)

セルゲイ・アスタホフ(『ミッション:アルティメット』)

ユーリ・チュールシン(『キル・オア・ダイ ~究極のデス・ゲーム』)

作品解説・あらすじ

カジノで荒稼ぎをしようと、いざ勝負に挑んだものの、不思議な能力を持つ男のせいで賭けに破れ、巨額の負債を抱えるはめとなった詐欺師の青年。ならば今度は、自分が男と同じような超能力者たちを集めてドリームチームを結成し、一発大逆転を狙おう、そう思い立って行動を開始した彼を待ち受ける意外な運命を、二転三転するストーリー展開と華麗なCG映像を交えてテンポよく描いたロシア製のファンタジーアドベンチャー。主演はセルビアの人気俳優M・ビコヴィッチ。共演は、「ガンシャイ」のA・バンデラスほか。

WOWOW

『トラップ・ゲーム』の感想

世界向けにバンデラスを出したは良いものの?

これまた『アンチグラビティ』のヒロイン、ルボフ・アクショノーヴァがあまりにも可愛くて、

もっと他の映画が観てみたい!!ってな不純な動機でホホイのホーイ😙😙😙で観てしまった作品です。

『ナイト・ガーディアンズ』から連続で不純な鑑賞ですよ😂

まあ、勢いも大事ということで…😂

でもこの作品、そんな不純な動機がスタート地点ですが、

主演はこれまた『アンチグラビティ』に出演していたミロシュ・ビコビッチですし、

ハリウッドからはアントニオ・バンデラスも出演しています。

アントニオ・バンデラスを出して、ロシア国外へも大々的に売り出したかったのか、

バチッバチのロシア映画なのに何故かまさかの英語音声(笑)

これはちょっとびっくりです😂

でもキャスト陣の皆さん普通に英語喋れるんですもの。

やっぱり海外の俳優は凄いんだなぁ😲😲

日本版パッケージではあたかもアントニオ・バンデラスが主演かのように中央に配置していましたが、

本当にチョイ役…🥺

バンデラスよ、このチョイ役はジャケ写詐欺のブルース・ウィリスといい勝負してるでな…🥺

まだまだアクション映画で主演を張るあなたまでジャケ写詐欺に…🥺

というわけなので、アントニオ・バンデラスが好きなんやから観るに決まってるやろ!というのが鑑賞の動機になる方、

ほんとご注意くださいね🙏🙏

これが俺たちのオーシャンズだ!!

この映画、ロシアで『オーシャンズ11』や『グランド・イリュージョン』をやってみたらこうなった!!な作品でして、

マジモンの化け物級の金額を1週間で用意しないと多分怖い人たちに殺される…🥺

ならばカジノででっかく勝ってお金をドドーンと儲けようぜ!!という景気のいい作品です🙆‍♂️

で特殊技能を持ったメンバーを集めて、さあカジノで大儲けだ!!はいいんですけど、

あくまでも特殊”技能”を持った雑技団集団の『オーシャンズ11』や、

怪しいながらも現実でギリギリ出来そうなマジックのラインを守り抜いた『グランド・イリュージョン』と比べますと、

『トラップ・ゲーム』の特殊技能集団はマジモンの特殊能力者やないか😂😂

マジックとかイカサマとかの範疇じゃない、本気の魔法的なやつを使いますので、

『X-MEN』が一念発起してカジノで資金調達してるような感じに🤔🤔

でも意外といいですね✌️

能力者たちが自分の中にもう一つの世界「部屋」を持っていましてね、

この辺りの設定がちょっとややこしいなーと思う以外は良質なカジノ攻め映画ですよ🙆‍♂️

ちょっと『インセプション』っぽかったですしね😂

こういう設定はシンプルに爽快感抜群のリベンジアクション映画になりがちですが、

そこにファンタジーやSF要素をぶっ込んでくるわけですからね(笑)

これは流石ロシア映画だなぁって😂😂

で、やっぱり映像はめちゃくちゃ良かったので、満足度は結構高くなるんだなぁ✌️✌️

主演はイケメン美女コンビですし、ロシア映画ってやっぱり無限の可能性を秘めてますよ本当に👊

『オーシャンズ11』や『グランド・イリュージョン』の系譜の映画ではありながら、

シンプルなリベンジアクションに留まっていないところが逆に評価の分かれ目ポイントにはなりそうですが、

私は一つこの映画を推しておきますね🤗🤗

ロシア映画入門です🙋‍♂️

オススメ度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる