【映画】『アダムス・ファミリー2』感想:アダムス一家って常に狙われてんな…

どうも、クラウンです(^O^)!

本日紹介する作品はこちら!

実写版アダムス一家のドタバタコメディ『アダムス・ファミリー2』です💁‍♂️💁‍♂️

アニメ版を先に映画館で観て、結構面白かったのでと実写版を後追いで観てみて。

これまたなかなか良かったので続編にまで手を出したパターンです🙌

監督・キャスト陣が全く同じなので前作にハマった方なら間違いないかな?

目次

作品情報

【1993年作品】

【原題】Addams Family Values

【上映時間】94分

【ジャンル】コメディ

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

バリー・ソネンフェルド(『メン・イン・ブラック3』)

【出演】

アンジェリカ・ヒューストン(『ジョン・ウィック パラベラム』)

ラウル・ジュリア(『ストリートファイター』)

クリストファー・ロイド(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』)

ジョーン・キューザック(『トイ・ストーリー』シリーズ)

作品解説

オバケ一家の奇想天外な日常を描いたホームコメディの続編。原作は『アダムスのオバケ一家』のタイトルでTVシリーズ化もされたチャールズ・アダムスの同名漫画。監督はカメラマン出身で前作で監督デビューした「バラ色の選択」のバリー・ソネンフェルド。製作は前作に続き、「ザ・ファーム 法律事務所」のスコット・ルーディン。撮影はドナルド・ピーターマン。音楽はマーク・シャイマンで主題歌はラップ・デュオのPM・ドーン。美術は「ロシア・ハウス」のケン・アダム。SFX はアラン・ムンローが担当。主要キャストも前作同様で、「推定無罪」のラウル・ジュリア、「グリフターズ 詐欺師たち」のアンジェリカ・ヒューストン、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイド、「恋する人魚たち」のクリスティーナ・リッチなど。

映画.com

『アダムス・ファミリー2』の感想

クリストファー・ロイドの人気がよくわかるシリーズだな🤔

当時『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が大ヒットした後ということもあってなんでしょうけれども、

主役では無いはずのクリストファー・ロイドが演じるフェスター中心に物語が進んでいくんですよね。

これ、1の時も同じようにフェスターが中心で話が進んだんですよ。

いかにクリストファー・ロイドが当時大人気だったかがよく分かりますよね🤔

で、ストーリー的に面白いのかって話ですが、

先に観たアニメ版、そして前作、今作と、いずれもアダムス一家に危機迫る!!といった感じで、

ぶれないんですよねぇ😂😂

そのぶれなさが良い。アダムス一家は危機が迫ってこそ団結が高まるんですよ!(知らんけど)

逆に言えば、そんなに目新しい流れは生まれないわけでもあるのですが、

ファミリー向け映画としては本当に嫌味の少ない、誰でも楽しめる作品に仕上がってるなぁと思いますね。

先にアニメ版を観てしまっている分、描写の不自由さが寂しいところではあるのですが、

アニメ版に続編が決まっているので、アニメの描写力で好き放題やってくれるのを期待しましょう😂😂

実写版は1.2両方とも良作なので、アニメ版でアダムスデビューした方にぜひ観てもらいたい作品です🙋‍♂️🙋‍♂️

オススメ度★★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる