【映画】『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を観た!!もうこの話は広げてほしくなかった…

どうも、クラウンです(^O^)!

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の感想です💁‍♂️💁‍♂️

最近の圧倒的な遅筆のお陰様で、もう1ヶ月ぐらい前に観に行った映画なので未だに感想をかけていませんでした。

ただ、遅筆だけが原因ではないんですよね…。

めちゃくちゃ感想を書くのが嫌というか…。

アニメ版がかなり好きな作品だった一方で、劇場版はどうにも心に響いて来なかった。

というか、アニメ版でこの物語は完結していたんだ!!(少なくとも私の中では)

作品解説・あらすじ

2018年にテレビ放送された京都アニメーションによる人気アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の完全新作劇場版。戦時中に兵士として育てられ、愛を知らずにいた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、「自動手記人形」と呼ばれる手紙の代筆業を通じて、さまざまな愛のかたちを知っていく姿を描く。人々に深い傷を残した戦争が終結して数年、新しい技術の開発によって生活にも少しずつ変化が現れ、人々は前を向いて歩み始めた。ヴァイオレットも大切な人であるギルベルトがどこかで生きていることを信じ、彼への思いを抱えて生きている。ある時、ギルベルトの兄ディートフリートと対面したヴァイオレットは、ギルベルトのことを忘れるよう諭される。しかし、ヴァイオレットにとってギルベルトを忘れるなどできないことだった。そんな彼女に、ユリスという少年から代筆の依頼が入る。時を同じくして、ヴァイオレットが働くC.H郵便社に宛先不明の一通の手紙が届き……。監督は、テレビシリーズに引き続き石立太一が務めた。

映画.com
目次

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の感想

持っていったハンカチは結局使われず

この時点で既に劇場版に対して心から好きだとお思いの方々は回れ右してこんなふざけた感想なんて読んでいないのだろうなと思うのですが、

先に申し上げますと、映画自体がダメだったわけではないと思うんです🤔

純粋に劇場版で描かれる物語が私にとって蛇足だっただけ。

アニメ版最終回で物語は完結しているのだ…。

そもそもが、劇場版で何やるかって、死んだと思われていたギルベルト少佐が実は生きているのでは??という話をするってのはほぼ公然の事実だったわけですよ。

今予告編を観てみてもそういう予告編になってる。ギルベルト少佐が再登場する予告になっている。

じゃあそもそもそういう話だってわかって観に行って蛇足だのどうだの言うのっておかしいんじゃないの!?と自分で思わなくもないんですが、

そういえばそもそも劇場版鑑賞前に予告編って観てないんですよね…。

アニメ版が途轍もなく良かった作品だから劇場版も観る。こういう流れなんですよ。

だからこれギルベルト少佐が生存してそうって話がメインって実は知らなかったりしたんですよね😅😅

まあそれ以外で劇場版で2時間以上かけて何やるんだって話ではあるんですけれども…🙄

で、個人的にはギルベルト少佐生存ルートにしてしまうとなぁ…という思いがありますので、

本当に生きていたらこれは蛇足なんですよ。

彼は死んでしまっている前提でアニメ版見てますからね🙄🙄

皆さんが泣いておられるであろうシーンでも涙が出てこない。自分でも悔しいんですけど泣けなかったんです。本当に悔しい話ですよ。

結構号泣評も聞いてましたからちゃーんとハンカチ用意していたんですけどね…😔😔

1話20分でまとまったアニメ版と比べると、2時間越えの上映の中に泣かせパートが多かったのもちょっとしんどかったですね。

もう完全に泣かせに来てるなぁって感じの演出って意外と泣けなかったりするんですよね。

人の死と遺族の涙を持ってくるのはあかんぞ制作陣!露骨だぞ!!😠😠

焼きそばってどうなん??

メインどころお話は正直蛇足に感じてしまったので、個人的にはあまり響かなかった劇場版なのですが、

それ以外で言えば、やっぱり作画は圧倒的なので映画館のスクリーン上映でも十分耐えうる美麗さでしたよね🙆‍♂️🙆‍♂️

頻繁にアニメを観るタイプでないのですが、このアニメほど作画が美麗なアニメも珍しいのではないでしょうかね。

少なくとも私が観たことある作品の中ではトップクラスですよ🙆‍♂️

あと『聲の形』も作画が良かったな…これも京アニだけど…😂

あとは伝説のアニメ版10話を話に絡ませてきて、これはファン心をわかってるなぁ!!と思ったもんです😏

まあ、もう少しさりげなく絡ませてきても良かったと思うんですけどね😂😂

お前らが好きな10話やぞ!!ほれほれ!!ってのが透けてきました(私がひねくれているだけ)。

そういう好きな部分もあるので、決して面白くなかったとは思わない作品です。そもそものハードルも高かったしね🤔

ただ一つだけ、明確にアニメ版時代から気になりすぎて嫌いな要素がありまして。

“焼きそば”って何なん???

いやー、これはもう許せないレベルで嫌いな要素なんですけど、

このアニメの世界観的にザ・日本食の”焼きそば”が出張ってくる必要あります??

なんかめちゃくちゃ世界勘違いじゃありません??

この物語の舞台がどういう国なのかは分かりませんけれども、少なくとも日本っぽくはないですよね、人の名前的に。

それこそ西洋テイストな作品の中で「焼きそば!」なんてセリフは聞きたくないんだ😫😫

もう終わった話なので、劇場版で完結した話なのでもういいんですけれども、

この作品に”焼きそば”を採り入れた人間に小一時間はその理由を問い詰めたいですね😂😂

満足度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる