【映画】『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』感想:DJ映画と言えばこれで決定では??

どうも、クラウンです(^O^)!

本日紹介する作品はこちら!

ザック・エフロン主演、『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』です💁‍♂️💁‍♂️

『とんかつDJアゲ太郎』を観て、そう言えばハリウッドでもDJを題材にした映画があったなと引っ張り出してきました🙌

かなり前に1度観てましたが、内容って覚えてないもんですね😂😂

目次

作品情報

【2015年作品】

【原題】We Are Your Friends

【上映時間】96分

【ジャンル】ドラマ/青春/音楽

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

マックス・ジョセフ

【出演】

ザック・エフロン(『テッド・バンディ』『グレイテスト・ショーマン』)

エミリー・ラタコウスキ(『Mr.&Mrs.スティーラー』『ゴーン・ガール』)

ウェス・ベントリー(『インターステラー』『ゴーストライダー』)

作品解説・あらすじ

世界的に盛り上がりを見せるEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)シーンを題材に、DJとしての成功を目指す若者たちの成長や葛藤を、「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロン主演で描いた青春ドラマ。DJの青年コールと仲間たちは地元を飛び出して有名になることを夢見ながらも、将来に対して漠然とした不安を抱えていた。そんなある日、コールは心に傷を抱えたカリスマDJジェームズと出会う。コールをかつての自分に重ね合わせたジェームズは熱心に指導するようになるが、夢に向かって歩みはじめたコールと仲間たちの間には溝が生まれてしまう。そんな中、コールはついに大規模なフェスに出演するチャンスをつかむ。しかしその一方で、ジェームズの恋人ソフィーにひかれてしまい……。共演に「ゴーン・ガール」のエミリー・ラタコウスキー、「インターステラー」のウェス・ベントリー。EDMの人気DJたちもカメオ出演している。

映画.com

『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』の感想

俺たちは這い上がれるか?

『とんかつDJアゲ太郎』がギャグ満載(ウケているかどうかは別)の青春DJムービーであれば、

今作はとても真面目に這い上がるためにもがく青春DJムービーでした🙆‍♂️

アゲ太郎がノリと勢いだけで、DJのテクニック的な部分はすぱーーーんと無視して物語展開していたのに対して、

こちらはかなりじっくりDJのお仕事について描いてくれています🙌

音楽で場を盛り上げるためにはどうすれば良いのか、解説付きの描写ありなので、

純粋に勉強にもなる映画ですよこれは🙆‍♂️

まあDJ目指してるわけじゃないんですけれども🙄

決して、いえーい!俺はDJ!盛り上げていくぜふぅぅ〜〜〜🤟🤟🤟

だけの軽〜いパリピ映画ではないんです(笑)

むしろパリピ映画だと思って観たのでびっくりですよね。結構堅実な作品ですよ🙌

それに加えて、主演がザック・エフロンと来たらもう観るしかないですよね!

青春映画と言えばこの人!!

『ネイバーズ』で馬鹿騒ぎしていたイメージからすると結構大人しめですが、

だいたいどんな役でも堅実にこなせますよね🙆‍♂️

お相手のヒロインはエミリー・ラタコウスキということで、

あぁ〜美男美女だな〜一生見ていられるな〜😋😋

なんて思える映画です。

むしろ主演2人のは美男美女度の方で満足度を稼いでる気が🙄🙄

ここのところ脇役で出演してると嬉しくなるウェス・ベントリーも大事な役で出演しています🙆‍♂️

ほんとに、あ!出てる!ってなる良い俳優なんですよ🤤🤤

ニコラス・ケイジの『ゴーストライダー』の時代からイケメンですけど、歳を重ねる事にさらにイケメン感がマシマシですよね🙆‍♂️

へぇ!DJってこうやって盛り上げてるんだァと思うと同時に、良いキャストが揃ってて満足度が高い作品です🙌🙌

さぶーいギャグのない手堅い作品なので、DJ映画としてはまずはこの作品が決定盤ではないでしょうか👍👍

オススメ度★★★☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる