【映画】Netflix『THE GUILTY/ギルティ』感想:本筋がほぼ一緒なので新鮮味が…

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

本日紹介する作品はこちら!!!

アントワーン・フークア監督最新作『THE GUILTY/ギルティ』です💁‍♂️💁‍♂️

アントワーン監督で飛びつきましたが、このタイトル聞き覚えが…🤔🤔

目次

作品情報

【2021年作品】Netflixオリジナル作品

【原題】The Guilty

【上映時間】91分

【ジャンル】サスペンス

【製作国】アメリカ

監督・キャスト

【監督】

アントワーン・フークア(『イコライザー』『マグニフィセント・セブン』)

【出演】

ジェイク・ギレンホール(『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)

イーサン・ホーク(『プリデスティネーション』)

ライリー・キーオ(『ローガン・ラッキー』)

ピーター・サースガード(『マグニフィセント・セブン』)

作品解説・あらすじ

電話から聞こえる声と音だけで誘拐事件を解決するという、シンプルな設定と予測不可能なストーリー展開で高い評価を獲得した同名デンマーク映画を、ジェイク・ギレンホール主演・製作でアメリカを舞台にリメイク。911緊急通報センターに勤務するコールオペレーターのジョー・ベイラーは、1本の謎の電話から、通報者の女性が何者かに拉致されたことを予測する。電話から聞こえてくる声と音だけを頼りに彼女を助けようとするジョー。しかし、次第に何もかもが自分の思っていることとは違っていることに気づき……。イーサン・ホーク、ライリー・キーオ、ポール・ダノ、ピーター・サースガードら実力派キャストが、ジョーと電話を通じて交わる人物として声の出演。監督は「トレーニング デイ」「イコライザー」のアントワン・フークア。脚本に人気テレビシリーズ「TRUE DETECTIVE」のニック・ピゾラット。Netflixで2021年10月1日から配信。それに先立つ9月24日から一部劇場で公開。

映画.com

『THE GUILTY/ギルティ』の感想

一人演技にジェイクの演技力は必要十分!!

実は劇場鑑賞もしていたドイツの同名作品のリメイクでした〜😂😂

てことで、アントワーン監督の新作だ!!オラオラ!!!の勢いでつけてみたらなんか観たことある雰囲気なのでびっくりしました😂

そういえばハリウッドでリメイクするって噂は聞いたことあったけど、まさかアントワーン・フークアがメガホンを取っていたとは🤔🤔

とはいえ、基本的な構成はリメイク元と変わりません。

緊急通報センターでの主人公のほぼ一人演技。

主人公と電話越しの通報者との会話だけで状況をイメージしてな!!という小説を読んでいるような作品です🙋‍♂️

リメイク元が優秀なんですよ。

優秀なんですけど、記憶が正しければ基本的に話の展開もほぼ同じなんですよね〜🤔

なので、リメイク元のドイツ版を観てる方にはほぼ新鮮度ゼロじゃないでしょうか🤔🤔

表情で語る演技が一級品のジェイク・ギレンホールを主演に据えたのは大正解🙆‍♂️🙆‍♂️

ですが、リメイク元とほぼ同じならアントワーン監督クラスが撮らなくても良いのでは??感がちょっとありますねぇ🤔🤔

電話越しでイーサン・ホークやピーター・サースガードなど、『マグニフィセント・セブン』組が声だけで出演しています。

この辺りはアントワーン監督が引っ張ってきたんだろうなぁってのがわかっていいですね😂😂

リメイク元が良い分、大崩れすることもないリメイクですが、かと言って何かワンアクセント捻りが加わったかと言えばそうでもないのがちょっと残念なところで、

オススメ度はボチボチになりますね〜🤔

ドイツ版未見の方にはぜひ勧めたいところです🙆‍♂️🙆‍♂️

オススメ度★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる