『バンブルビー』を観た!!:トラヴィス監督だからあるもの、ベイ監督だからあったもの

トランスフォーマーシリーズはここから再び始まる!

マイケル・ベイ監督の代名詞ともいわれるトランスフォーマーシリーズ。

過去5作を途中で監督を辞めるなんて話もありながら、すべて自ら撮ってきたマイケル・ベイがついに監督から外れ、新たに「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のトラヴィス・ナイトが新しく監督に迎え入れられました。

「KUBO」は非常に評価の高い作品で、アカデミー賞の長編アニメ賞にもノミネートされていましたね!

莫大な売り上げをもたらすドル箱シリーズのトランスフォーマーシリーズですが、そこそこ評価の良かった第一作目以外は軒並み批評家から総スカンを食らうようなシリーズでした。

監督が代わることによってシリーズにどのような命を吹き込んだのでしょうか!

明日公開、バンブルビーの先行上映に行ってまいりましたので早速感想です!

満足度★★★★☆

結論から言いますと、監督こそ変わりましたが、本作はかなり出来のいい作品です!

米大手評論家サイトの「Rotten Tomatoes」での批評家支持率は驚異の93%を獲得しています。

マイケル・ベイ監督時代は高くて50%台、晩年は10%台で推移していましたので、本作がいかに批評家から高く支持されているかがわかると思います。

では、いったいマイケル・ベイ版のトランスフォーマーとは何がどう違うのでしょうか?

そもそもこのバンブルビーという作品の位置づけなのですが、本家のトランスフォーマーシリーズのスピンオフで前日譚という位置づけのなっております。

本家トランスフォーマー自体のストーリーが実は5作品で一貫されているものではなく、トランスフォーマー達は1で地球に初上陸かと思っていたら、5では第2次大戦時はすでに地球で活躍していたり、細かなセリフに一貫性がないシリーズでもあります。笑

マイケル・ベイ監督なので細かいことは気にすんな!!ということなのでしょうが、そのあたりの設定の矛盾が我慢できない方にはオススメできにくいシリーズです笑

そんなシリーズの前日譚作品ですが、過去作と関連こそありますが、思い切った設定改変がなされており、ある種リブート作のような作品ですね。なので、

今までトランスフォーマーシリーズを観てない方のトランスフォーマーデビューにオススメです!!

マイケル・ベイ監督にあったもの、なかったもの

マイケル・ベイ監督と言えば、圧倒的な火力が魅力の監督ですね。

ですので、直近2作品は共に製作費が2億ドルを超える作品でした。

製作費2億ドルというと年間で何本もそう公開されることのない超巨額作品ですので、いかに金のかかったシリーズだったかがわかります。

その証拠に、とにかく爆発のシーンが多い。

もしかしてベイ監督は、とりあえず爆発さえ仕込んでおけばファンが喜ぶと思っているのではないでしょうか?

実際マイケル・ベイ監督のファンにはそういう方も多いとは思いますが笑。(私を含めて)

一方で、本作の製作費は1億3500万ドルと、シリーズ最小額で製作されています。ここが、マイケル・ベイ監督とトラヴィス・ナイト監督の大きな違いではないでしょうか。

マイケル・ベイ監督ならそこら中を火の海にしているようなシーンでも、本作では圧倒的に火薬量が足りていませんでした。笑

もしかすると、ベイ監督版トランスフォーマーで訓練されている屈強なファンの方には爆発の少なさに物足りなさを感じてしまうかもしれません。

一方その分、ベイ監督に足りないといわれているストーリー面が強力になっていました。

主人公のチャーリー役にはヘイリー・スタインフェルドが起用されています。

父を失ってしまい、母親は新しい恋人と新しい人生を歩みだす中、家族との関係もギクシャク。

そんな彼女が出会ったのがバンブルビーですね!

父親の死を受け入れられずにいた彼女がバンブルビーとの出会いを通じてその死を受け入れ、前を向いて生きていくんですねぇ。

一応公開前ということで詳細について触れるのはやめておきますが笑

まとめ

本家シリーズと比べて丸みを帯びたフォルムになったバンブルビーがかわいかったですが、その他のキャラクターもリアル路線のフォルムから、アニメチックなフォルムに代わっていました。

本家シリーズは5作目の成績不振から、その後の続編については製作が白紙状態のまま止まってしまっていますので、

フォルムも新たに登場したキャラクターたちによる、バンブルビーから始まる新シリーズとしてリブートする考えももしかするとあるのかもしれません。

その真偽のほどは定かではありませんが、トラヴィス・ナイト監督による本作が非常に高評価を獲得したこともあって、新シリーズを始動するにしてもかなり幸先はよいのではないでしょうか。

マイケル・ベイ監督作品ってイマイチ観ないしなぁという方にも安心の、爆発量控えめのトランスフォーマー作品でしたので、今までトランスフォーマーを観たことないという方にも是非ともご鑑賞いただきたいですね!

もし今作を気に入ってくださったら、そこから本家シリーズを後追いで鑑賞してもらっても順番としては全く問題ありません(・∀・)

何より一人でも多くの方にトランスフォーマーシリーズに触れてもらえると嬉しいですね(*´ω`*)

Author: クラウン

コメントを残す