【映画】『リチャード・ジュエル』を観た!!メディアの在り方は現代でも思うところがある

どうも、クラウンです(・∀・)

クリント・イーストウッド監督最新作、『リチャード・ジュエル』を観てまいりました!

最近はめっきり実在の人物に焦点を当てる映画が増えたイーストウッド監督ですが、

本作は監督作品の中では考えられないぐらいのコケ方をしてしまったようで。

特段作品の出来が悪いということもなかったので、純粋に題材に対する興味の問題でしょうか🤔

 

96年のアトランタ五輪にて爆発物を発見し、多くの人命を救った英雄リチャード・ジュエル氏について描いた本作。

作品のテイストとしては『ハドソン川の奇跡』と近いものがありますが、

『ハドソン川の奇跡』では国家運輸安全委員会から安全面について糾弾される一方で、国民からは英雄視されていたのに対し、

『リチャード・ジュエル』では、メディアの偏った報道によって、国民からも犯人扱いされてしまうなんとも悲しい物語です。

実際、リチャード・ジュエル氏の正義感溢れる行いにより多くの人命が救われた事実というのは、

現在の私たちはわかった上で映画を観ていますので、メディアによって犯人として祭り上げられる彼の姿を見たとて、

メディアってやっぱり酷い!!FBIも真っ向から犯人扱いしていて本当に酷い!!!

なんて思うわけですが、では実際に自分が当時の人間で、加熱する報道を見たら果たしてリチャード・ジュエル氏のことを潔白だと思うことが出来たでしょうか?

これ、なかなか難しいと思うんですよね。

今回の『リチャード・ジュエル』が描いたテーマというのは、現代の私たちにとって全く無縁の話ではないのです。

日々正しい情報を信じることは大事ですが、その情報をどうやって入手するのか。

現代日本でも、凶悪犯罪に対し、容疑者と報道された人物に対して、なんて酷いやつだ!!なんて思うこともあると思います。

でも、その人物が本当の犯罪者とは全く無縁の誤認逮捕だったとしても、それが誤認逮捕だと報道される熱は、容疑者として糾弾される熱より遥かに小さいものだと思います。

別に誰が悪いって話じゃないんですけどね。

当時を生きていた人々も、リチャード・ジュエル氏が犯人であると疑うことすらしなかった人もいると思います。

メディアの影響力って本当に怖いなと、そういう気持ちになりました。

 

ところで本作でリチャード・ジュエルを演じたのはポール・ウォルター・ハウザー。

過剰なまでに正義感に溢れた男を見事に演じ切りました!

正直、正義感が過剰すぎて、立ち振る舞いもちょっとおかしい人に見えてきて、

だんだんと、FBIが掲げる犯人像に合致してしまうなぁと思ってしまいました。

あえてそういうふうに演出しているのかもしれませんが🤔

周りがほぼほぼ敵の中で、数少ない味方として戦った弁護士役としてサム・ロックウェル。

こちらも見事な演技です。

FBIなのに、悪役の出で立ちで迫り来るジョン・ハムに対して、

最後の最後までリチャード・ジュエル氏のことを信じ切って援護し続けた姿を見事に演じてくれました。

サム・ロックウェル、オスカーの助演男優賞ものですよ。

ココ最近のイーストウッド作品どれもそうなのですが、

演技という面で見たらずば抜けてるんですよね。

そもそもが演技派のトム・ハンクスを使っていたり、監督自ら主演したり、

縁起が良いのは当たり前に見えたりすることもあるんですけれども、

それを引き出せるのもイーストウッド監督の手腕なのかなと思います。

題材的にわざわざ映画館で観るほどでも…という人が多いんだろうなぁと言うのもわかるような気がする映画ですので、

売上がイマイチ伸び悩んだ理由もわからなくは無いのですが、

ストーリー的にもキャスト陣の演技力的にも、特段不満のない作品でしたので、

観る映画に迷うぐらいなら本作をオススメしておきますね!

 

満足度★★★☆

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる