【映画】『カイジ 人生逆転ゲーム』感想:10年前の映画と聞いて目眩が

2009年作品 130分

ジャンル:ドラマ

製作国:日本

監督:佐藤東弥

出演

藤原竜也 (億男、藁の楯)

香川照之 (七つの会議)

天海祐希 (女王の教室)

松山ケンイチ (デスノート)

 

 

あらすじ

 週刊ヤングマガジンでの連載開始以来シリーズ化もされ、これまでに1000万部以上を売り上げている福本伸行の人気コミック『カイジ』を実写映画化したサスペンス・エンタテインメント。友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまったしがない青年が、一夜にして借金を帳消しにできるという究極のゲームの数々に翻弄されつつ命懸けで挑んでいくさまを壮大なスケールで描く。主演は「DEATH NOTE デスノート」の藤原竜也。監督は「ごくせん」シリーズで演出を務めた佐藤東弥。
 定職に就かず、その日暮らしの自堕落な生活を送る伊藤カイジ、26歳。そんな彼のもとにある日、遠藤凜子と名乗る悪徳金融会社の女社長が借金の取り立てにやって来る。カイジは友人の借金の保証人になっており、利子が積み重なった負債総額は202万円にまで膨れ上がっていた。そんな金があるわけもなく、頑として抵抗するカイジ。すると遠藤は、“一夜にして借金を帳消しに出来るどころか、大金を手にするチャンスがある”と提案を持ちかけ、フランス語で“希望”の意味を持つ豪華客船エスポワール号に乗ることを勧めてくる。やがて決心したカイジはエスポワール号に乗船。そこには、彼と同じく借金を背負った人生の負け組が大勢集まっていた。そして、遠藤の会社もその傘下にある消費者金融で名高い帝愛グループの幹部が船を取り仕切り、勝ち続ければ一攫千金、負ければ過酷な強制労働が待つというゲームに参加させられる。こうして、“限定ジャンケン”に始まる奇想天外なゲームの数々に挑戦し、生き残りを懸けて参加者たちと勝負するカイジだが…。

<allcinema>

 

 

正直Eカードは実際にやってみたい面白さがある

どうも、クラウンです(・∀・)

カイジ最新作公開!!ということでひっさしぶりに観ましたよ!

久しぶりは久しぶりなんですけど、最初から最後までしっかり観るのは初めてです。

ストーリーは分かってるんですけど細かいとこまでは全然ちゃんと観てなかったりするんですよね😂😂

内容よりもまず先に、1の公開ってもう10年も前になるんですね()

そこでまずビックリ()

考えてみたらまだ学生やってた時代に公開されてたので、10年前って言われても確かにって感じであるのですが、

2の公開が2011年で終わってましたし、

なんで今更最新作??という気もしなくありませんが😂

 

まだ最新作は観てないのでその出来栄えは分かりませんが、

1のゲームは本当に面白い!!

1は基本的に駆け引きが面白くできているんですよね。

鉄骨渡りは駆け引きじゃないですが、最初のジャンケンと最後のEカードは完全に駆け引き全開!!

騙し騙され騙し合いなので、命懸けの賭けに出てる!って感じがめちゃくちゃ良いのです!

ある意味臭すぎるぐらい大層な演技の藤原竜也と香川照之も、この映画ではこのぐらいの過剰さがちょうどよくハマってました()

最後に勝つのはどっちか分かっていても面白い映画ですよ✌️✌️

オススメ度★★★☆

 

Author: クラウン

コメントを残す