【映画】『カイジ2 ~人生奪回ゲーム~』感想:1みたいな駆け引きが見たかったなぁ

2011年作品 133分

ジャンル:ドラマ

製作国:日本

監督:佐藤東弥

出演

藤原竜也 (バトルロワイヤル、ダイナー)

香川照之 (七つの会議)

生瀬勝久 (マスカレードホテル)

伊勢谷友介 (翔んで埼玉)

 

 

あらすじ

 福本伸行の人気コミックスの実写映画化第2弾。原作の中でも人気の高いエピソード『欲望の沼』をベースに、再び負け組に転落した主人公カイジが、かつての宿敵・利根川をはじめ、どん底人生を送る負け組たちと手を組み、命を懸けた大勝負に挑む姿を描く。主演は再び藤原竜也、共演に伊勢谷友介、吉高由里子、生瀬勝久、香川照之。監督も引き続き佐藤東弥。
 命懸けのゲームを勝ち抜き、多額の借金を帳消しにして人生の大逆転を果たした伊藤カイジだったが、またしても借金まみれで地下の強制労働施設送りとなってしまう。仲間たちからの期待を背に、2週間だけ地上に戻ることを許され、その間に2億円を稼がなければならないカイジ。そんな彼が挑むのは、帝愛グループの裏カジノが誇る当たれば10億円以上というモンスターマシーン、通称“沼”。しかし、この難攻不落の“沼”をコントロールしていたのは、超高層ビルの間に渡された鉄骨を渡るゲームでカイジ以外で唯一成功した男にして、いまや冷酷な支配人として裏カジノに君臨する一条聖也だった。カイジは“沼”攻略のため、帝愛グループに父を殺され復讐を誓う石田裕美、リストラでどん底を味わう坂崎孝太郎、さらにはカイジに敗れてかつての地位を追われた利根川幸雄という3人の負け組たちと手を組み、命懸けのゲームへと臨むのだが…。

<allcinema>

 

 

目次

ひたすらパチ打ってるだけやん!!

どうも、クラウンです(・∀・)

最新作が何故か今になって公開されたと言うことで、久しぶりに過去作鑑賞です!

騙し騙され騙し合いの駆け引きが面白かった1作目からガラッと毛色を変えてきたのがこの2作目です。

何しろ、騙し合いの駆け引きが少ない😫😫

11で騙し合いながら最後はどっちが勝つんだ!!!という白熱した戦いではなく、

イカサマだらけのパチンコマシーンをいかにして攻略するかだけの映画ですので、

極端な話パチンコ打ってるだけの映画ですよこれ😂

じゃあ全く退屈なのかと言うと、そこまででもないのですが、1で魅せてくれた藤原竜也と香川照之は控えめに見えましたし、

今度は伊勢谷友介が一人で頑張っていたようにも見えました。

生瀬勝久も胡散臭いながらもいい感じだったんだけどなぁ🤔🤔

吉高由里子は演技のマズさとキャラクター自体のクズさも相まって本当に酷かったなぁ😥😥

1の時のようなワクワク感が薄れてしまって、なんだかんだパチンコを舞台にどんちゃんしてるだけでしたし、

最後の方金さえあればどうとでもなる状況まで持って行ってしまったので、

周りで見てるヤツら金貸してやれよ😂としか思わなくなってしまって残念(笑)

このパチンコ、別に他人から金借りるのダメとかのルールないはずなんやけどなぁ🤔🤔

12の順番が逆だったらそんなに悪くない映画なのでしょうが、1の後にこの2となると、かなり見劣りしてしまう作品でした😫

オススメ度★★

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる