【映画】『ラーヤと龍の王国/あの頃をもう一度』を観た!!短編の方だけで十分元が取れます!

どうも、クラウンです🙋‍♂️🙋‍♂️

ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国/Us Again』を観てまいりました💁‍♂️

正直最近の映画公開に関するやり方が嫌いすぎるディズニーですが、

今作も同社が展開する配信サービスディズニー+との同時公開となった影響か、

ディズニー映画なのにめちゃくちゃ小規模公開となりました🙄🙄

TOHO系とかTジョイ系は全く上映してないもんなぁ🙄

これまたディズニー側と劇場側の溝が深くなりそうな…。

作品解説・あらすじ

龍の王国を舞台に少女の戦いと成長を描くディズニーの長編アニメーション。聖なる龍たちに守られた王国。人びとが平和に暮らすその王国を邪悪な悪魔が襲った。龍たちは自らを犠牲に王国を守ったが、残された人びとは信じる心を失っていった。500年の時が経ち、王国をふたたび魔物が襲う。聖なる龍の力が宿るという「龍の石」の守護者一族の娘ラーヤは、王国に平和を取り戻すため、姿を消した最後の龍の力をよみがえらせる旅に出る。監督はアカデミー長編アニメーション賞を受賞したディズニーアニメ「ベイマックス」のドン・ホールと、実写映画「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ。2021年3月5日から劇場公開と同時にDisney+でも配信(追加料金が必要なプレミアアクセスで公開)。劇場では短編「あの頃をもう一度」が同時上映される。

映画.com
目次

『ラーヤと龍の王国』の感想

安心安定のディズニーブランドです🤗🤗

『アナと雪の女王2』以来1年半ぶり、

オリジナル作品としては『モアナと伝説の海』ぶりの完全新作アニメーションとなりました🙆‍♂️

結果からいえば、面白いです🙆‍♂️

十分に面白いし、安心感を持って観ていられる。

そんなディズニー印の新作です🙌

ですが、正直に言えばいつもの安定感のあるディズニーを超えてくることの無い作品でした😵

こう、心にグッと響いてくるものがなかったんですよ。

そもそものストーリーの詰め込み具合(上映時間の都合上仕方ないこととは言え)が凄くて、

各地に散り散りになってしまった龍の石の欠片を探す旅なのですが、

めちゃくちゃサクッサク進みます😂

なサクサク進むのはいいんですけど、んかあまりにもサクサクすぎて、あっさり進みすぎて。

1個目の欠片を見つけるまでに数年かかってるはずなのに、2個目以降のあっさり感😂

いや仕方ないんですよ。上映時間の都合ありますし。

本気で全部本腰入れてやろうと思うと三部作映画とかになってしまいますしね😅

あとは個人的には龍がね…。

予告編未見で観に行ったのもあって、伝説の龍と言うからどんな龍が出てくるかと思いきや…。

めちゃくちゃおしゃべりおばちゃんドラゴンやん🙄🙄

アンミカドラゴン新大久保に出現〜🖐🖐がチラついてしまった🤔🤔

龍のキャラクターがいまいち馴染まないまま終わってしまったのが悲しかったです個人的に😂

ま、この辺はあくまでも個人的な合う合わないの問題なので✋

普通に観てれば普通に面白い作品だと思います✋

目立った欠点も見当たらない作品なので、誰でも楽しめそうなあたりはさすがディズニー産だなと思います🙆‍♂️

あともう少しだけ熱量がほしかったなと思うだけです🤔

満足度★★★☆

作品解説・あらすじ

ディズニー・アニメーションによる短編アニメ。長編「ラーヤと龍の王国」と同時上映で劇場公開。音楽やダンスでにぎわう、活気にあふれた都会の夜。ダンスが好きな年配の男と、心は若いが年老いた妻は、ある夜に不思議な雨に導かれ、ダンスをする喜びを再び思い出す。そして、その喜びは彼らを若い姿へと変えていくのだが……。音楽やダンスを通じて人生の喜びや輝きを描く。監督は「ベイマックス」でヘッドアニメーターを務めたザック・パリッシュ。主人公夫妻のダンスパフォーマンスを、韓国の人気グループ「BTS」の振り付けなども手がけているケネオ&マリ・マドリッドが担当。

映画.com

『あの頃をもう一度』の感想

この作品に出会うためにラーヤを観に来たのかもしれない

『ラーヤと龍の王国』が上映される前に短編として本作『あの頃をもう一度』が上映されます💁‍♂️

そう、ラーヤの上映前なんですよね。

ラーヤが心に刺さり切らなかった理由って、実はこの作品にもあるのではないかと思っていて、

めちゃくちゃ良かったんですよ😳😳

それはもう、たった7分の短編なのですが、心にグサグサ刺さりまくりの作品でした🙌🙌

たそもそもディズニ短編って基本的にセリフがないので、画面から伝わる音楽と映像だけでストーリーを把握する必要があるのですが、

今作は軽快に楽しいダンスムービーだったのがまず短編と相性が良かったですね🙆‍♂️

誰しもいつかは歳をとって、若かりし頃の自分への憧れを抱くようになると思うのですが、

そんな気持ちを美麗な映像と軽快な音楽と共に送り出してくれた作品です🙆‍♂️🙆‍♂️

感想書くのは難しいですが、とにかく心に刺さる作品でしたので満足度満点です😂😂

個人的にはラーヤにお金を払ったと言うよりは、こちらの短編にお金を払ったような感覚でした。

ま、この短編の後じゃラーヤもちょっと不利だったかなと思います😂

満足度★★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる