【映画】『ボルケーノ・パーク』感想:こんなところにテーマパークなんて作るんじゃないよ!!

どうも、クラウンです(^O^)!

本日紹介する作品はこちら!

サイモン・ウェスト監督最新作『ボルケーノ・パーク』です💁‍♂️💁‍♂️

サイモン・ウェスト監督と言えば、『エクスペンダブルズ2』や『コン・エアー』の監督として有名ですが、

いつの間に中国でこんな映画を撮ってたんだ🤔🤔

目次

作品情報

【2019年作品】

【原題】天火 Skyfire

【上映時間】94分

【ジャンル】ディザスター

【製作国】中国

監督・キャスト

【監督】

サイモン・ウェスト(『エクスペンダブルズ2』『メカニック』)

【出演】

ワン・シュエチー(『孫文の義士団』)

ハンナ・クィンリバン(『スカイスクレイパー』)

ショーン・ドゥ

ジェイソン・アイザックス(『フューリー』『ハリー・ポッター』シリーズ)

作品解説・あらすじ

「コン・エアー」「トゥームレイダー」「エクスペンダブルズ2」などハリウッドのアクション大作を手がけてきたサイモン・ウェスト監督がメガホンをとり、噴火に見舞われたリゾート地の島を舞台に描く中国製パニックアクション。「天火島」と呼ばれる火山島の調査中に噴火にあい、妻を失った火山学者のタオ。20年後、同地には「活火山の上に建つ世界初の火山テーマパーク」という触れ込みで、実業家のハリスによって一大リゾートが建設された。タオはその危険性に警笛を鳴らしているが、タオの娘シャオモンは、父に抗いハリスのもとで火山学者として働いている。いよいよリゾートがオープンする日、出資者たちが続々と現地に到着するなか、観測チームがマグマの不穏な動きを察知。シャオモンはパークの閉鎖を訴えるが、ハリスは全く耳を貸さない。同じころ、噴火の前兆を察したタオも天火島へと向かっていたが……。出演は「孫文の義士団」のワン・シュエチー、「スカイスクレイパー」のハンナ・クィンリバンら。

映画.com

『ボルケーノ・パーク』の感想

ご都合主義なんてぶっ飛ばせの力技が清々しい😂😂

サイモン・ウェスト監督と言えば、あの激アツ『エクスペンダブルズ2』を撮った監督なので、信頼に足る人物なのですが、

いつの間にか中国でディザスター映画を撮っていました。

その名も『ボルケーノ・パーク』。

活火山の上にリゾート地を作ったで!!という、そもそもの設定からツッコミとかいうレベルでは済まないとんでもない設定です😂😂

いやだってねぇ…ほんの20年前とかに火山噴火で大変な目に遭った同じ場所にリゾート地ですよ…😂😂

アカン!!!!!アカン臭いしかせえへんで、工藤!!!!

で、案の定火山噴火で大変なことになる作品です😂

設定からしてぶっ飛んでますので、内容も同じぐらいぶっ飛びで、

なんでこれでこの人達生きてるの??というシーン満載!

もしかして人間じゃないのかな??って言いたくなるぐらい強靭な主人公達です🤣

しかも割と怪我らしい怪我も少なく進むので、無関係な人達は割とドンドコ死んでいく一方で、

主人公組の圧倒的な生存能力に驚かされます😳😳

もちろん映画進行上のご都合です😉

軽いノリの無茶苦茶な映画なのですが、アクションに定評アリのサイモン・ウェスト監督ということもあってか、

そこらの低予算Z級作品って訳ではなく、

普通にそこそこ面白いディザスター映画に仕上がっています🙆‍♂️

迫力面はなかなか良い具合に仕上がってますね🙆‍♂️

ダメダメCGなのかと思いきやそんなことも無く、

製作費情報が見つからなかったのですが、多分それなりに予算つぎ込んだ作品なのかなぁと思います🙆‍♂️

おそらくこの手の映画は設定の無茶苦茶さとか、ご都合主義満載な展開にも目を瞑ることができるか次第で感想も変わってくると思うので、

どうぞ寛容気持ちでご覧くださいまし💁‍♂️💁‍♂️

にしても、なんかノリが過去から学ばない『ジュラシック・ワールド』と同じだったな…。

なぜ映画に出てくるリゾート経営マンはこんなに愚かなのでしょうか😂😂

オススメ度★★★

泥臭いベン・フォスターがお見事なサイモン・ウェスト監督作品はこちら👇👇

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生に映画とラーメンを、をテーマに、休日はほとんどインドア趣味に勤しむ関西出身のしがない社会人。
最近カメラ趣味に目覚めてちょこっとアウトドアになりかけです。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる